年末までの活動計画

どうも、同人結社創作信仰鬼姫狂総本部 代表の秋元惟史(作家名義・民富田智明)です。

現在、実写映画「鬼神童女遊侠伝/まさかり担いだ熊男」(仮)の実現に向けて企画を進めつつ、小道具や衣装の設計や材料調達をして、ヒロイン募集、スーツアクター募集の算段をしています。

世間的には低所得とされる手取り収入なので、貯金から制作費として捻出できるお金は、運営のための固定費15,000円とは別に、月に1万円も出せればいいほうで、準備期間はかなり長期化しそうです。

世間的に年収180万円時代、一億総貧乏化時代ともいわれていますので、私だけでなく、経済的に余裕のない若者世代は多いと思います。
責任だけが重く賃金が低い「名ばかり正社員」も多いと言われていますし、金銭的余裕がなさ過ぎて実家から出れない実家暮らしも多いようなので、「実家暮らし」=「自立してない甘えた人」とは一概に言えない世相がある気がします。
新卒で就職した人が高収入かといえばそうでもなくて、少なくとも私の同級生などの状況をうかがい知るところには、就職してすぐにリストラされたり、就職してすぐに会社が潰れたり、就職してすぐに職場いじめに遭って心身を病んで休職してそのまま退職して転職を重ねたり、とんとん拍子にいっている人はいなさそうです。
大学院で博士まで行った映像学科時代の唯一の友人は、文系博士満期退学であることで就職で冷遇されて、「博士様ねえ……退学したんでしょ」(文系博士は簡単に学位は取れず、教授ですら満期退学が普通)とあしらわれまくり、色々と資格の勉強をしてもなかなか定職に就けず、最近聞いたところには派遣切りされてしまったそうです。
直接付き合いが残っているのは函館出身在住の映像学科時代の友人だけですが、なかなか大変そうです。

そう考えれば、一応正社員扱いで、地道にでも貯金できているだけで御の字です。
真の本業のキャラクタービジネスでは無収入が続いて売れていませんので、それに比べれば安定して月給が入る時点で、主観的には高収入です。
起業家としては年収0円(むしろ累積マイナス200万円以上)で、労働者としては勤続3年の平均年収260万円(勤続3年半なので、なんだかんだで総額1500万円くらいの売上高を作っているはずです)ですから、今の仕事の収入そのものには不満なんてないのですよ。

とはいえ、実家にいれば確実に貯金はできますが、年収そのものが高くなければ、余剰資金だって限界はあります。
自分の将来への投資とはいえ、収入全部を使えるわけではないので、どうしたって財布のひもは固くなります。

世を忍ぶ仮の職業の方の収入ですべての制作費をまかなうのは難しいし、「聖地巡礼のための観光資源として田舎に鬼の国を作る」という野心を叶えるには、鬼姫狂総本部としての収入を増やす努力なしにはどうにもならないので、金策のためになんとかして会員勧誘の力を養わなければいけません。

そういうわけで、年末までは、鬼姫狂総本部の収益化を目指し、自力での会員勧誘強化期間とします。
それに並行して、映画制作のための出演者の獲得や、脚本執筆に時間を割いていこうと思います。

 

超有名な大手だと、何もしなくても勝手に人が集まってくるんでしょうけど、鬼姫狂総本部のような、趣味なのか仕事なのかわからないレベルでくすぶっている無名ブランドだと、有料会員の新規勧誘や作品の販売、公式企画のための人材登用に頭を抱え続けます。
そもそも知られていないので、誰も来ないのが標準なので。
365日、ずっと閑古鳥が鳴き続けるのです。
知名度もゼロ、売上もゼロ、人脈もゼロ、宣伝力もゼロ、まさに「永遠のゼロ」です。

こんな状況をたった一人で何年も何年も経験しますと、興味を持って来てくれた人に対して、ものすごく腰が低くなりますよ。
来てくれただけでもありがたい存在ですから、大切にしようと思います。

自腹で資本を出している創業者でもなんでもないのに、管理職や先輩というだけで、立場が下の人に対して「あいつはのろまだ、気が利かない、使えない」と、上から目線で文句を言って嫌がらせのような仕打ちをする人は色々と思い違いをしています。
一度、会社の外で、たった一人で自分の名前だけで起業して、「永遠のゼロ」状態を経験した方がいいと思います。
(気質的にそもそも粗暴な人は別として)絶対に下の立場の人に偉そうな態度を取れなくなりますから。

職務上必要な指摘を正当かつ論理的にされるならともかく(それすら指摘されるのを避けるのはさすがにただの甘え)、理不尽に罵倒するのは指導でもなんでもないし、性格が気に入らないからといってあからさまな悪口を言ったり陰口するのは気持ち悪いし、そういう振る舞いをすればするほど、相手からも警戒される結果となります。

上の立場の人が人間として敬意を持てる相手かどうかって、下の立場の人はかなり見ていますからね。
親でも、学校の先生でも、部活でも、仕事でも全部同じだと思います。

私が内向型だからかわからないですけど、そうそう簡単に他人に心を開けないので、対人場面でどうしてもぎこちなくなってしまいます。

だからこそ、借り物の肩書きによる権威ではなく、自分自身の等身大の実力による成果の獲得こそが確固たる信用につながるのだと考えているわけですが、なかなか実現できていません。

 

他人に対する押し出しの強さが欠けていることに自覚があるので、鬼姫狂総本部を軌道に乗せるには、そこを補強する必要があります。
でも、実績欲しさで興味のない人に押し売りをしたら悪徳業者になってしまいますし、それは避けなければいけないので、悩むところではあります。

社交的でなかったり、要領が悪かったり、周囲を巻き込まずに一人で抱えようとしたり、常識とされることに疑問を抱いたりと、会社員や労働者としては使えないダメな人の印象を持たれがちな性格だと思いますが、起業家といわれる人の中にはそういう人がかなり多いとされています。

そう考えると、起業家というのは、なるべくしてなった人が多いのではないでしょうか。

たった一人で始めたことなので、時間もかかるし、乗り越えるべき壁があまりにもたくさんそびえていますが、社会的自立を成し遂げるために、淡々とこなしていきます。

私は、自分に自信なんてまったく持てていませんが、キャラクターの魅力は信じ抜いています。
欠点だらけの私のことなんて好きにならなくていいので、キャラクターのことを好きになってもらえればそれでいいのです。
お凜様、牙吉さん、飛丸さんをはじめとして、その他悪役、脇役キャラクターを好きになってほしいだけなのです。

劇用刀剣の材料を買ってきた

どうも、同人結社創作信仰鬼姫狂総本部 代表の秋元惟史(作家名義・民富田智明)です。

実写映画版「鬼神童女遊侠伝」の実現のために、鶴ヶ島のカインズホームで劇用刀剣の材料となる薄手の木材と、電ノコを使うためのDIY用の軽量作業台を調達してきました。

長細いのが刀身・柄で、大きい一枚板のほうが鍔用です。

刀身用が縦900㎜、横30㎜、厚さ6㎜でして、それを在庫にあった14枚すべてを買いました。
打刀8本と短刀1本を作る予定なので、残りの板は柄のサイズに合わせて切り出す補強材です。
この刀身に一枚板から切り出した鍔を挟み込んで接着すれば、おおざっぱに刀の形になります。
あいにく、鞘を作るための板を調達できなかったので、別の日に買いに行くか、ネットで探して調達します。
あと、刀の飾りとなる柄巻と下緒に使える紐が見つからなかったので、これも別途調達します。

厚さ6㎜の板となると、変に力がかかったらぽっきりと折れてしまうので、あくまでも折らないように、優雅に立ち回りをすることが大切ですね。

 

今回、通常の刀とは別に、クライマックスのボス戦で使うためのお凜様専用の薙刀と、妖賊の親玉が使う巨大な鉄斧を作る計画があるので、刀作りが終わったら長柄武器の制作に取り掛かろうと思います。

実写版第一作の敵は重量級の鉄斧使いです。
ちなみに、熊です。
まさかり担いだ熊男です。
金太郎ではありません。

狐(短編映像紙芝居)、狸(長編映像紙芝居)、猫(制作中絵本)の次は熊と以前から決めていたので、先に敵キャラのモデルはばらしちゃいます。

副題や、熊男の通り名や細かい設定づけはまだ決めていませんが、近日中にイメージポスターを描いて公開します。

工作には慣れていないので手探りの武器作りですが、心を込めれば、きっと人の心を打つものと信じています。
本当に映画が好きな人って、どんなに安っぽいB級映画でも、ないない尽くしでの試行錯誤にかえって感動したりするものですから。
どうしようもない変なB級映画、私は好きですよ。

だから、低予算であっても、見せ場を作るための工夫は惜しみません。

無名の私の自主映画のために役者さんを引き込むには、それくらいの心意気は必要なのです。

武器づくりのために電動工具を注文しました

どうも、同人結社創作信仰鬼姫狂総本部 代表の秋元惟史(作家名義・民富田智明)です。

「鬼神童女遊侠伝」実写映画化を実現するために、小道具制作の設備投資として、電動工具のジグソーとサンダー、あと、研磨用にのこやすりを注文しました。
総額1万円ちょっと。

撮影機材の購入ですでに38万円以上かかっているので、実家暮らしで何とか貯金できている低所得者には大きい買い物なのですが、小道具制作で木工をする以上、効率化のためにどうしても必要なので、この際買ってしまいました。

木材から手作業でパーツを切り出して削り出すのは、途方もないほど労力がかかりますので、ちょっとした作業だけでも一日が終わってしまいます。
それを回避するだけでも十二分に意味のある投資になります。

最低でも、撮影で必要となる刀が8本ほどある予定なので、ここはやはり電動化です。
ボス戦として長柄武器も使いたいので、結構な木工があります。

市販の模造刀剣は観賞用で、映画撮影での殺陣を想定していないので、金属製で重かったり、接着が甘くて振ったときに刀身が抜けてしまう危険もあるそうです。
なので、演劇や映画撮影では、軽くて激しい殺陣にも耐えられるような木刀にアルミテープを貼るなどして、真剣に近い見た目の模造刀剣を作るのです。
その演劇用の刀を、竹で作ることが多いことから「竹光」と呼ぶのです。

が、これがまた、特殊な用途に使うものなので、結構高いのです。
しかも、「鬼神童女遊侠伝」シリーズはファンタジーなので、刀の柄や鞘の色や装飾など、キャラクター固有のものにする必要があるわけで、既製品の刀だと都合が悪かったりします。

そうなると、映画の為だけの創作刀を作ってしまったほうがいいのです。

一度作り方を覚えてしまえば小道具として量産できるので、色々な武器を自宅で作れるようになるというのは便利です。

観賞用刀剣玩具として公式グッズ化もできますし。

本当は、衣装制作用の専用ミシンも欲しいのですが、実家暮らしなので、母親に頼めばたぶん借りられると思いますので、ミシンの導入は保留しています。
ミシンは親から借りるという選択肢がありますが、木工のための電動工具は家にないので(DIYをやる人がいないから)、これは買うしかありませんでした。

映画を作るのって、本気で商品価値の高いものをやろうとすると、どうしたってお金がかかってきます。
少しでも安くする工夫は必要ですが、機材だけはどうしてもケチれないので、腹をくくるしかないです。

数日中に、衣装と小道具の制作環境は整うので、できるところから作業を進めていきます。

 

今、悩んでいるのは、スプラッター描写です。
お金の都合で、衣装は使いまわすつもりなので、血のりで汚すことはできません。
けれども、スプラッター好きとしては、血の出ないチャンバラやドンパチなど手抜き以外のなんでもありません。
だから、血しぶきの描写はVFXの合成でやってみようかと思案しています。

ただ、腕をぶった切ったり頭を吹っ飛ばす特殊造形は挑戦してみたいことのひとつです。
冒頭のつかみの部分で、前座として名もなき一般人が無慈悲に惨殺されるホラー描写を入れたいのです。
ここだけは、リアル血のりと肉片のフルコースですね。

どうなるかはわかりませんが、小道具制作を進めながら、脚本を書いていきます。

撮影機材購入の次は、衣装小道具制作になだれ込みます

どうも、同人結社創作信仰鬼姫狂総本部 代表の秋元惟史(作家名義・民富田智明)です。

実写映画版「鬼神童女遊侠伝」シリーズの実現に向けて、直属のアクションチームの発足のために出演者募集告知をしまして、それをどう地元の狭山市内外に宣伝していくか思案しています。

地元を舞台にすることを想定したご当地映画なので、人脈形成のために出演者も地元から発掘することを考えています。

芸能界というのは東京一極集中ですし、東京に行って芸能事務所に入ったからといって役者として売れっ子になれる保証などなく、まったく芽が出ないまま埋もれていくことの方が多いとされています。
役者は、小説家や漫画家などの構図と同じ、使い捨て要員でしかないのが現実です。

なので、たぶん、地元にも、本当はアイドルやアクションスターに憧れているのに、何のつてもないままくすぶっている役者志望がいるんじゃないかと推測しています。

あれだけ、ユーチューバーを気取って歌ってみた動画や踊ってみた動画を自撮りする女の子がいたり、コスプレする女の子がいるのですから、無名の一般人の中にも、やっぱりヒロイン願望って絶対にあるんですよ。
男だって、意味なくジムで鍛えまくってるおっさんがいたり、模造刀剣やエアガンを集めまくっているおっさんがいたり、ヒーロー願望って絶対にあるんですよ。

ただ、普通に堅気として生きているだけだと、そういうヒーローヒロイン願望を爆発させる場がないのです。

地元狭山市には、ゆるキャラはいても、ローカルヒーローやローカルヒロインはいません。
「鬼神童女遊侠伝」シリーズは、その隙間に食い込んだ狭山市発祥の海外進出をも想定した企画です。
全国的に見ても、ローカルからグローバルに活躍できる、天下を狙える余地のある世界観を持ったローカルキャラクターはあまりいません。
こんな夢のある企画を、狭山市を中心とする武州入間地方出身の志士たちを集めて映画にしようというのです。

だから、役者募集の宣伝さえうまくいけば、ヒロインをやってくれる女の子とアクションチームをやってくれる男性陣を食いつかせることはできるはずだと信じています。

 

それで、実写映画を作るためには、役者の確保以外に、衣装と小道具の制作と、撮影場所探しと、実現可能な脚本が必要です。

とりあえず、脚本の構想を練りつつ、衣装と小道具の制作を進めていこうと思います。
悪役をどうするかは決まっていませんが、お凜様と牙吉と飛丸は大まかに決まっているので、鬼姫山三神の中の人の体格を想定しながら、まずはデザイン画を起こして衣装の型紙を書いていきます。
お凜様を除いて、牙吉も飛丸も妖賊も、どれも体格のいい成人男性(私と同じ175㎝前後)を想定しているので、男性が演じる役の衣装は、自分が着れることを念頭に仕立てます。

お凜様は、中の人の理想は9歳の小学生(「CCさくら」「リリカルなのは」「妖界ナビ・ルナ」など、子供の世界を描いたヒロインものは9歳前後の設定が多いので)なのですが、無名の独身男の自主映画に娘を出させてくれる父親がいるかどうかわからないですし(たぶん警戒されます)、小学生アイドルを発掘しても数年のうちにすぐに大きくなってしまって、シリーズものなのに衣装が使いまわせなくなりやすいので、ある程度身長が止まった女子高生(成人一歩手前)の姿で演じてもらうことを念頭に衣装を仕立てます。
理想(二次元)と現実(三次元)は違いますので、衣装の使い回しと女の子の出演可能性を考えると、これが一番妥当だと考えています。
現在32歳の私からすれば、女子高生や大学1年生女子だって十分すぎるほど年下なわけで、映画の原作者兼脚本家兼制作者兼監督という立場がなければ、絶対にお近づきにすらなれない高嶺の花ということになります。
だから、それでも十分にお凜様のアイドル性が確保できるのです。
主演女優が余りに年下すぎても、コミュ障の私には意思疎通が難しいですし、そこは妥協も必要なのです。
お凜様は外形変化の能力があるので、童女の範囲であれば何歳の女の子にもなれるのです。
要は、かわいくてかっこよければ、中の人はJS・JC・JKのどれでも構わないのです。
こんなご都合主義でも、「神様だから」の一言でごり押しできるのが、民間伝承というものです。

そんなわけで、役者を発掘して稽古をするまでの間、先行して衣装と小道具を作っていきます。
あくまでも和装ですから、服をゆったり目に作って帯で締めれば問題ないので、お凜様の衣装も小柄なJKの平均身長に基づいて仕立てれば、JSやJCにもフリーサイズのように着せられるのではないでしょうか。

衣装制作や小道具制作は、一体いくらお金がかかるか想像もつきませんが、ここで失敗すると、典型的な学芸会コスプレ映画に成り下がるので、魂を込めて取り組んでいきます。

殺陣の研究用の木刀が届きました

どうも、同人結社創作信仰鬼姫狂総本部 代表の秋元惟史(作家名義・民富田智明)です。

私の表現者としての将来を賭けた「鬼神童女遊侠伝」シリーズ実写映画化に向けて、準備を進めています。

一昨日、殺陣の研究用にネットで注文していた木刀三本セット(打刀、短刀、薙刀)が届きました。


(生活感のありすぎる写真ですが、お気になさらぬよう)

「鬼神童女遊侠伝」シリーズは、チャンバラを中心としたスーパーヒロインアクションなのですが、私自身は、中学の体育でやった柔道の基礎を除いては武道経験が一切なかったので、映像紙芝居を孤独にやっていた頃は、見る人が見ればデタラメな戦いを描くしかありませんでした。

映像紙芝居であれば、結局のところ静止画の連続なので、デタラメなままでもごまかせました。
しかし、実写映画となると、生身の役者さんが武器を取って殺陣を演じることになるので、デタラメなままだとかっこよく撮ることができないです。

そのため、原作者であり、脚本家であり、制作者であり、監督である私が殺陣を研究しないと話にならないので、武道経験がないことに甘えず、教本片手に武道の型を独学することにしました。

もともと、「鬼神童女遊侠伝」シリーズを立ち上げたのは、中学時代にブルース・リーにはまって以来香港のカンフー映画が好きで、格闘アクションに憧れていたからです。
それで、かわいい女の子がかっこいい殺陣をやったら絶対に面白いに決まっているという確信があり、ヒロインアクションこそが究極の娯楽活劇なんだと、学生時代から構想を練り続けていたのです。

 

そこまで格闘アクションに憧れているのになぜ武道経験がないのかと思われるでしょうが、お芝居としての格闘アクションに憧れるのと、実際に相手と殴る蹴るの戦いをする格闘技をやるのとは、全然意味合いが違うのです。

格闘アクションは、あくまでも演技なので、実際には当たっていない突きや蹴りによって、戦っているように見せる技術を披露するものです。
やられ役が派手に吹っ飛んだり転んだりする危険なスタントもあるにせよ、基本的には相手に痛みを与えるためのものではありません。

一方で、格闘技は基本的に相手を倒すための技術です。
痛みを与えられることから避けることはできません。

私は中学でいじめられていたので、いじめに打ち勝つ圧倒的な強さが欲しいという願望がありつつも、暴力の恐怖を嫌というほど味わっていたので、たとえ競技であっても、殴る蹴るで痛い思いをするのは抵抗があったのです。

学生時代に、カンフー映画が好きなのもあり、サークル活動で空手などの武道をやろうとも思いましたが、運動音痴でしたし、体育会系の理不尽なしごきに遭うのも嫌だったので、結局、武道はやりませんでした。
協調性を身に着けるとか、色々ときれいごと言いますけど、世の中で不祥事を起こすのはたいてい体育会系(それも、武道系や、サッカーやバスケ、アメフトなどの集団球技系)ですよね。

いじめられっ子でしたから、いじめの温床には極力近づきたくなかったのです。

しかし、そんな私が主宰するアクションチームであれば、理不尽なしごきや陰湿な嫌がらせなどは許さないので、平和な環境でまじめに殺陣の実践研究ができるのではないかと思っています。

 

これで、木刀セットが手元に届いたので、殺陣の研究ができます。
新しく業務用ビデオカメラも導入したので、映画撮影自体はいつでも始められます。

あとは、役者集めと、衣装小道具制作が残っています。

衣装小道具も、自作できる部分は自作したほうが安く済むし、映画美術の経験知が積めるので、これから裁縫や立体造形の道具調達のために色々と調べていきます。