年末年始に色々と本を物色してきた

どうも、同人結社創作信仰鬼姫狂総本部 代表の秋元惟史(作家名義・民富田智明)です。

年末年始で、新しく色々と本を物色してきました。

「修験道 その歴史と修行」宮家準 講談社学術文庫

「魔の系譜」谷川健一 講談社学術文庫

「憑霊信仰論」小松和彦 講談社学術文庫

「【新版】日本の民話57 埼玉の民話」根津富夫編 未來社

「怪異伝承譚――やま・かわぬま・うみ・つなみ――」大島廣志編 アーツアンドクラフツ

「コンテンツツーリズム入門」コンテンツツーリズム学会,増渕敏行,溝尾良隆,安田亘宏,中村忠司,橋本英重,岩崎達也,吉口克利,浅田ますみ 古今書院

「図解 最新 不動産の法律と手続きがわかる事典」木島康雄監修 三修社

「すぐに役立つ 知っておきたい! 図解 最新 建築基準法と消防法のしくみ」佐久間悠監修 三修社

「すぐに役立つ 入門図解 最新 アパート・マンション・民泊経営をめぐる法律と税務」北川ワタル,服部真和監修 三修社

例によって民俗学系の本を5冊と、将来の根本聖地建設の夢を見据えたコンテンツツーリズムの入門書と不動産の入門書を買ってきました。

年末年始にして本代に15,000円ほどつぎ込んだので、しばらくは買った本の消化に意識を集中します。

今回、不動産の入門書に手を出したのは、自分の家を建てるときに役立つからというのが大きいですが、私にとって、自分の家を建てるということは、鬼姫狂総本部事務局と鬼姫神社を建てることと同じなので、不動産の勉強は欠かせないわけです。

世の中、自宅営業ほど合理的な商売の方法はないので、自宅そのものを聖地巡礼のために収益物件化してしまう計画です。
事務局兼神社兼宿坊兼資料館という、鬼姫狂総本部のすべてを自宅併設で詰め込んでしまえば、その建物と土地さえ維持できれば十分に機能します。

どんなスケールになるのかは未知数ですが、そこは、お金などの現実に照らしてどうにでもすればいいのです。

今でこそ巨大な寺社だって、初めから大きかったわけでもなく、小さかった時代もあるのです。
だから、鬼姫神社だって、庭先の小さな邸内社から始めてもいいのです。
宿坊だって、今では民泊という発想があります。
資料館だって、部屋の一室から始められます。

自宅の根本聖地化は宗教学や民俗学に関心のある創作活動家としては必然ともいえるので、どんなに小規模なものとなろうが、実現したいものです。

自分の生業を思う存分できるための城を持つ、それが自主独立というものです。

そこにたどり着くには、挑戦あるのみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です