参考資料用にホラー映画のDVDをまとめ買いしました

どうも、同人結社創作信仰鬼姫狂総本部 代表の秋元惟史(作家名義・民富田智明)です。

ものすごく久しぶり(数年ぶり)に、参考資料用に映画のDVDをまとめ買いしました。

単純に映画を見るだけであれば、しばらく節約のためにレンタルDVDで済ませていたのですが、どうしても手元に置きたい映画もあるので、奮発しました。

「鬼神童女遊侠伝」シリーズの残酷描写に活かしたいと思ったので、今回はスプラッタホラー映画を中心にまとめ買いです。

「13日の金曜日」シリーズのPART3~PART8(ジェイソンはホラーの原点。中学時代に全部見た。1,2は高校時代に買ってもう持っている。9は配給会社が違い、廉価版がないので保留)

「エルム街の悪夢」シリーズのPART1~PART7(実はまだ見ていない)

ウェス・クレイヴンの「サランドラ」

「ローズマリー」

「血のバレンタイン」

「地獄のモーテル」

「悪魔の凶暴パニック」

「ゾンビ ディレクターズ・カット版」(中学時代にレンタルで見たのみ)

「悪魔のいけにえ」(中学時代にレンタルで見たのみ)

スプラッターの始祖 ハーシェル・ゴードン・ルイスの「血の祝祭日」(長らく絶版だった)

スピルバーグのカーチェイスホラー「激突!」

 

生産終了のために新品で手に入らない映画も多いので、中古をうまく使って価格を安く抑えつつ、映画史的に重要な名作映画とカルト映画をかき集めました。

「サランドラ」「ローズマリー」「血のバレンタイン」「地獄のモーテル」「悪魔の凶暴パニック」あたり、いつの間にDVD化されていたのでしょうか。
高校時代からの愛読書「新映画宝庫 スプラッターカーニバル 悪夢映画流血編」で記事を読んで以来、ずっと手元に欲しくて仕方がなかったのですよ。

星の数ほど映画がある中で、手元に置ける作品には限度があるので、目利きは重要です。

 

安い買い物ではないので、買った映画を何度も見て研究し、自分の作品に活かしていきます。

「鬼神童女遊侠伝」は、この手の血の気の多い映画ばかりむさぼってきた奴が描くおとぎ話なので、間違っても夏休みの推薦課題図書のような優等生的世界にはなり得ませんよ。

完全にB級映画のノリです。

原作絵本「鬼神童女遊侠伝/わらべを喰らう猫女」(仮)の構想がようやく決定したので、これから本分執筆段階に入ります。
絵本とはいえ、アクションシーンやグロシーンでやや文章量を多くしたいので、絵物語に近い体裁になると思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です