自分が本当の地元民でないという事実と、ご当地時代劇への想い

どうも、同人結社創作信仰鬼姫狂総本部 代表の秋元惟史(作家名義・民富田智明)です。

今日の午前中、近所の写真館に行って、語学検定試験などに使う証明写真を作ってきました。
写真の出来上がりを待つ間、写真館で出版したという写真集を見せてもらいました。
写真集とは、写真館の先代の親父さんが撮りためた狭山市の風景ということで、戦時中などの貴重な記録写真でした。

この写真集を見ていて、自分がいかに生まれ育った地元のことを知らないのかという思いにかられました。

そう、私は、生粋の地元民の子供ではなく、東北出身者の父を持つ、あくまでもお上りさんの子供なのです。
地元に生まれ育って地元に住んでいますが、ご先祖様が地元にいたわけでもなく、地元のお祭りや言い伝えのこともまったくわかりません。
では、東北に自分のアイデンティティがあるのかといえばそんなことはなく、あくまでも自分は埼玉県民だと思っているのです。
東北なんて住んだことがないですから、方言もわからないですし、祖父母以上のルーツもまったくわかりません。
物心ついた頃には新興のニュータウンに住んでいましたから、「先祖代々の土地、先祖代々の生業」のようなものがありませんでした。
なので、「昔からの農家」「昔からの商家」というものに憧れがありました。

私が架空の民俗信仰「武州鬼姫信仰」を題材にした空想時代劇「鬼神童女遊侠伝」シリーズを立ち上げたのは、「子孫代々語り継げる何か」が欲しかったというのがあります。
よそ者の子とはいえ、埼玉に生まれ育った以上、私が見てきたものは埼玉の風景なのです。
山といえば秩父の山で、川といえば入間川で、荒野といえば広大な武蔵野なのです。
この埼玉にご先祖様はいないし、東北との縁もゆかりもなく、「よそ者としての心の故郷」が欲しかったのです。

埼玉県民は、日本一郷土愛が乏しいと言われています。
何故なら、そのほとんどが戦後に地方から移住してきた新参者であり、都内の会社に勤めるために住んでいるに過ぎないサラリーマン家庭が多いからです。
寝るためだけにベッドタウンで暮らしているので、地域との縁も何もなく、歴史も伝承もわからないのです。
何十年住んでも、本当の地元民とはかかわりのないよそ者であるという事実は否定できないのです。

私はよそ者です。
しかし、大多数の埼玉県民もよそ者です。
郷土の歴史、文化、習慣に無頓着であるということは、逆に言えば、古いしきたりにとらわれることなく、白紙の状態から新しい文化を生み出すことに強みがあります。

私は、「武州秩父の山岳信仰に結び付けた新しい昔話を作る」という目的のもと、「鬼姫山のお凜様」というご当地キャラクター(神様)を生み出しました。
これは、埼玉県入間地方から見える秩父のお山に、強く優しく美しい女の子の鬼が住んでいたら面白いかもしれないという素朴な気持ちから始まったものです。
入間地方から秩父山地までは実際にはだいぶ距離があり、狭山市民にとって山は登る対象ではなく、眺める対象なのです。
身近だけれども遠い存在としての秩父山地に、聖なるものとしての神秘性を感じざるを得なかったのです。
宗教や信仰というものを「胡散臭いもの、危険なもの」として軽んじる風潮のある現代に、新しい民俗信仰に基づく民間伝承を確立することを目指すのは、ひょっとするとその辺のカルトと同列に扱われるおそれもあります。
しかし、「先祖代々語り継がれた郷土の伝説、信仰」を持たないよそ者の子孫の寄せ集めである埼玉県民にとって、心の故郷となれる新しい民話を創造することは、文化的に意義のあることではないかと考えています。

埼玉県民はよそ者の集まりです。
転勤族も多いですし、一代限りで他県に引っ越すことも少なくありません。
そのような現状も踏まえて、「武州鬼姫信仰」は、秩父山地を神聖視し、入間地方を発祥地としつつ、日本全国に伝播することができる自由度があります。

お凜様は、北は北海道、南は沖縄、挙句の果てには異国の地まで、善良な子供たちの暮らしを守るために大活躍するのです。
秩父の山から、どこへでもひとっ飛びで駆けつけます。
その辺の適当なゆるキャラを駆逐するほどに、「メイド・イン・サイタマ」を前面に押して天下を目指すのが、武州総鎮守秩父鬼姫山三代目 花吹雪のお凜様の活躍を描く「鬼神童女遊侠伝」シリーズなのです。

よそ者の子だからこそ、埼玉県に、誰もが熱くなれる新しい伝説が欲しかったのです。

根本の世界観と原作は完成させました。
あとは、この共同幻想に乗ってくれる同志を探す努力を続けるだけです。

布教活動、これが一番大変で勇気のいる修行です。
親鸞といい、日蓮といい、歴史上、新しい何かを広める過程には無視や迫害がつきものです。
みんな、無名の一個人の熱狂から始まっているのです。

よそ者が始めた民間伝承を広めるのは、まさに体一つでぶつかっていく修行なのです。

私は生粋の地元民ではありません。
地元の歴史や風土は何もわかりません。
けれども、地元の文化を発展させたいという郷土愛だけは誰にも負けていないという確信があります。
あとは、私の志を世間様が認めるかどうかということだけなのです。

映像紙芝居化を白紙に戻し、原作絵本の制作に特化します

どうも、同人結社創作信仰鬼姫狂総本部 代表の秋元惟史(作家名義・民富田智明)です。

最新作「鬼神童女遊侠伝/わらべを喰らう猫女」について、色々と企画を練り直しまして、映像紙芝居化を白紙に戻しました。

現在、原作絵本の完成に向けて作業に勤しんでいますが、絵本作りですらも結構骨の折れるものでして、絵本だけでも精一杯という心境です。

長編映像紙芝居を完成させて発表にこぎつけるとしたら、実体験から5~6年は要します。
しかも、それは学生時代の試行錯誤と没頭ありきでできたことです。
今、たった一人で同じことができるかといえば、正直、根気が続かないのではないかと思います。
「お金で解決」という方法が使えれば、予算1000万円くらいあればスタッフを抱えて作画を丸投げできるかもしれません。(30分枠のテレビアニメの予算は1話1000万円くらいだそうです)
しかし、そんな他人を抱えるお金などないので、自分の膨大な時間を犠牲にするという選択肢しかないのです。

そうなると、たった1本の物語の映像化に6年をかけるよりも、半年に1本の絵本を描いて6年で12本の物語を発表したほうが、「お話を描きたい」という自分の願望に忠実になれる気がしました。

短編映像紙芝居を連作するという方法もありますが、「ショバ代をたかりに来た狐をやっつける」ような、一場面完結の一発ネタしかやれないので、お話の幅を広げられないのです。

映画で育ったので、映像に対する執着が強いのですが、映像は商品化へのハードルが高すぎます。

なので、ここは割り切って、映画の興奮を注入した絵本を生み出すことを新たな志として、突き詰めてやっていこうと思います。

 

無論、根本的な原作としての映像紙芝居は制作実績として残り続けますので、創作師制度の著作権契約の源泉はこの映像紙芝居です。
私の20代の血と汗と涙が詰まった映像紙芝居を元手に、映像紙芝居制作の資金、根本聖地建設(私の居城)の資金を獲得していきます。

6月早々、ウイルス性胃腸炎にかかりました

どうも、同人結社創作信仰鬼姫狂総本部 代表の秋元惟史(作家名義・民富田智明)です。

ツイッターのつぶやきでも言及しましたが、6月早々、病に臥せりました。
ウイルス性胃腸炎だそうです。
世を忍ぶ仮の本業に従事中、昼頃からどうも体にだるさを感じ、夜に頭痛と寒気が襲ってきて、カバンに常備している体温計で熱を測ったところ、なんと38度を超えていました。
仕事中なので、常備薬を飲んでしのいだのですが、まったく熱が下がらず、体が震えるわ、ふらふらするわで、最悪な気分で帰りました。
不特定多数の人と密室に居合わせる職業なので、てっきり誰かから風邪をもらったのかと思っていたのですが、咳もなく、鼻水も鼻詰まりも喉の痛みもなく、むしろ、帰宅後にピーピーの水下痢が止まらなくなりました。
結果的に、風邪ではなく、ウイルス性胃腸炎が原因と分かりました。
食中毒ですよ、食中毒。
仕事柄、外食が多い生活なので、どこで食中毒をもらってきても不思議ではありません。
どこでもらってきたのかは判明しないので、泣き寝入りで安静にするしかないのですが、さすがに38度以上の高熱はきついです。
とにかく寝込むしかないです。
3日経ち、点滴と飲み薬で熱は治まりましたが、下痢はまだまだゆるゆるです。
人間は食べなければ生きていけないのに、食べたことで病気になるという、なんという理不尽な世の中なのでしょう。
ここ数日、流動食で、おかゆと具なし野菜スープしか食べていません。
肉や魚を食べたいという欲求が湧き出てきますが、下痢が治まるまでは我慢です。
しかし、どうせなら、このまま粗食を続けて余計なぜい肉を消化し、ダイエットしたいところです。