「鬼神童女遊侠伝」実写映画化のために、独学で創作武術の研究をします

どうも、同人結社創作信仰鬼姫狂総本部 代表の秋元惟史(作家名義・民富田智明)です。

先日、ユーチューブで各地のご当地ヒーローの動画やアクション系の自主制作映画を見ていて、無性に「実写映画やりてえええええ!」と、映画制作への想いが再燃しまして、「鬼神童女遊侠伝」シリーズの新規企画として、実写映画化を正式に公表しました。

で、当結社の直属のアクションチームの発足のために、出演者募集告知をしました。

自主映画なんて映像学科の課題以来で10年くらいブランクがありますし、何のつてもない中で公募して、本当にうまく人が集まるのかどうか、まったく予測がつかないというのが本当のところです。

ましてや、主役のお凜様を演じてくれる女の子が見つかるのかどうか、わかりません。

スーパーヒロインアクションなので、女の子不在ではどうにもならないのです。

全然売れてもいない無名ブランドなのに、「実写映画をやりたい」という一心だけで企画を立ち上げてしまうという、年甲斐もない無茶なパッションでございます。

 

しかし、「鬼神童女遊侠伝」シリーズを実写化するとはいえ、そもそもアクションシーンをやるためには殺陣を習得しないと話にもなりません。
私は創作畑出身で、本格的な演劇経験もなければ、ましてや武道経験なんてありません。
演技も武道もずぶの素人な私がアクションチームを発足しようというのですから、最低限の準備なしには説得力もくそもありません。

なので、発起人の責務として、殺陣の研究をすることは当たり前のことだと思い、殺陣の基礎知識となる「空手」と「柔道」と「剣道」の教本を買ってきました。
あと、通販で薙刀と大刀と短刀の木刀3本セットを備品として注文しました。
色々な格闘術に関心はあるのですが、素手での格闘と、大小刀剣での格闘が日本式の殺陣の基礎だと思うので、教本を片手に独学で研究しようと思います。

本当はちゃんとした武術道場に入門すべきなのかもしれませんが、必ずしも土日休みとは限らないため、なかなか都合がつかなくて習いごとに行けずに悩んでいたので、開き直って休みの日に独学し、殺陣の型そのものを独自開発してしまおうと思いました。

「鬼神童女遊侠伝」シリーズはあくまでもファンタジーなので、実在する武道武術の型にあてはめて殺陣を組む必要などまったくありません。
そもそも、「武州鬼姫信仰」という民俗信仰を描いたものであり、「鬼姫山三神」という人知を超えた神様の物語です。
悪役も「妖賊」という徒党を組んだ妖怪変化であって、超自然的な異界の住人なのです。
だから、人間が理論化して確立した武道武術の型など、もはや関係のない戦いを描くのです。
人間が決めた流派など、気にしなくてもよいのです。

そうであれば、「日本空手道ではこんな構え方はあり得ない」とか、「日本柔道ではこんな投げ方はしない」とか、「日本剣道ではこんな斬り方はしない」とか、「日本舞踊ではこんな踊り方しない」といった、一つの流派の考え方に過ぎない批判は受け流せることになります。

「鬼姫山三神」には独自の武術があり、「妖賊」にも独自の喧嘩殺法があるのです。

そのような、どこの流派のものでもない独自の創作武術を確立するのが、「鬼神童女遊侠伝」シリーズの生みの親である私の役割なのだと思います。

あくまでもお芝居のための武術なので、武術大会に出場するのを目指すわけでもないし、暴漢相手の実戦で勝つことを目指すわけでもありません。
演技として戦っているように見えればそれで十分なので、格闘技の心得のない私でも研究と指導はできるはずです。

幼い頃から、見えない敵と戦い続けていますから、それをもっと本格的にやった共同幻想こそが殺陣の技術なのですよ。

鬼姫流武術をはじめとする創作武術の確立のため、ちまちまと研究を続けていきます。

 

原作者が率先して行動しないと、誰もついてきてくれません。

何でもやらないといけない自主制作映画なので、「私は裏方に徹します」などと言える環境にないのです。
殺陣の技術開発も、演出のうちなのです。

教本代と模擬刀代で3万円近くかかりましたが、一度買えばずっと使えるので、安いものです。
創作武術の型稽古で体力作りにもなりますし。

実家に物干し場として屋上のような構造があるので、薙刀のような長物を振り回しても壁や屋根を傷つけないので好都合です。
実家にいれる間は、自分だけの稽古場として有効活用します。

30超えて、まさか「見えない敵と戦う」ことが日課になる時が来るとは思いもしませんでしたが。

 

映画制作のためのアクションチーム発足の告知をしたからといって、すぐにヒロインやスーツアクターが発掘できるとは限りませんが、自分だけでも型稽古くらいはできるので、研究を続けていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です