照明機材が届きました

どうも、同人結社創作信仰鬼姫狂総本部 代表の秋元惟史(作家名義・民富田智明)です。

今日の午前中、アマゾンで注文した中国の照明機材メーカーNEWWERの機材一式が届きました。

さっそく、開封して試しにセッティングしてみました。

ライト自体の効果を確かめるために、窓のカーテンを閉めて、赤色灯による夕方の密室のような空間を作ってみたところ、写真のようになりました。

私は映像学科時代、技術系に進まずに理論・創作系に進んで脚本を専攻していたので、照明の方法論がまだまだ理解できていないのですが、とりあえず、直接照明と間接照明をカメラ後方から当てた場合の見え方を実際に見てみました。

レフ板アームが思いのほか使いにくかったですが、使えないほどでもないです。
中国製の安物なので、過度の期待はしていませんでしたし。
低予算映画の現場ですから、要は、使えりゃいいのです。

写真1~3 機材セッティングの様子
写真4 カメラ越しの画面の見え方(実際にはもっと明るく夕陽色に写っています。)

写真を撮ったデジカメがフルオートのアマチュア向けなので、勝手にフラッシュがかかったり、フラッシュオフにするとピンボケしたりするので、正確に撮影環境を再現しているとはいえません。
手軽さならばアマチュア用のフルオートデジカメで構わないのですが、写真としての表現性という意味ではマニュアル操作の一眼レフ一択なので、ちゃんとしたスチールカメラが欲しいところです。
旅行の時も、夕方や暗がりだとしっかり撮れないので、露出と絞りを調整できないのは結構不便なのです。

さて、これで、本格的なデジタルシネマ制作のための最低限の必要機材がそろいました。
それなりにお金はかかりましたけど、機材は、壊れない限りは長く使える武器になるので、5~10年くらいのスパンで考えれば安いものです。

あとは、機材面では、スタンドやライトやケーブル類をひとまとめにしまうための箱と、運搬用の台車がほしいですね。
現場では、役者さんにも荷物運びを手伝ってもらいますが、基本的には裏方は私一人なので、機材車兼劇用車である私の自家用車から機材や小道具や衣装を搬出搬入するのは私の役目です。
箱と台車があれば、現場での展開と撤収が効率化できます。

カメラは4KHD対応の現行業務用機なので、ワークフローさえ確立してしまえば、独立系映像作家として十分やっていけます。
映像界の技術革新のいたちごっこは延々と繰り返すので、フォーマットとしては現行地上波デジタル放送の標準2KHD(2048×1080)に対応していれば大丈夫です。
安易に4K で撮影したところでそれだけデータ量が重くなりますし、編集環境が追い付かなければ意味がないです。

こまごまとした道具の準備をやりつつ、脚本の初稿の完成まで突っ走り続けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です