特許庁から小売商標登録証が届きました

どうも、同人結社創作信仰鬼姫狂総本部 代表の秋元惟史(作家名義・民富田智明)です。

先日アマゾンで注文した海外製の格安ワイヤレスマイクシステムとオーディオミキサーが、今日の午前中に届きました。
記事作成中に日付が変わったので、もう昨日のことですか。

早速、中身を出して、パソコンのオーディオインターフェースやカメラにつないで自分の声を吹き込んで動作確認を行ったところ、正常に動きました。
パソコンのすぐ近くで音取りをしたので、パソコンの作動音をそのまま拾ってかなりのノイズが出ましたが、動作そのものに問題はありません。
音響の扱いはど素人なため、正直なところ映像の撮影以上に手探りの試行錯誤が必要なので、ノイズ対策は要勉強です。

実際の映画撮影現場において、カメラワークの都合上、ワイヤレスマイクシステムとミキサーを設置した拠点から離れた場所にカメラを移動させたり、マイクを移動させたりする必要があるので、これとは別にミキサー=カメラ用とミキサー=マイク用の延長ケーブルを調達する必要があります。

撮影許可がとりにくいような場所など、腰を落ち着けてじっくりとやれない状況では手際の良さを優先してカメラと三脚のみで押し通すことになりますが、即時性を重視する報道映像ではないので、基本的には丁寧に進めていくのが大事です。

 

さて、特許庁から商標登録証書が二通届きました。

一か月前に登録査定をもらって登録料を払い込んだ、鬼姫狂総本部の紋章と屋号に付随する小売商標の登録証です。
鬼姫狂総本部の紋章と屋号の下で、キャラクタービジネスを展開する上で必要となってくるであろう指定商品に関して、根こそぎ独占権として掌握しました。
これで、日本国内において、制作販売実績はともかくとして、「鬼神童女遊侠伝」シリーズを、法律上は「プリキュア」に匹敵するスーパーヒロインに育てていくための根拠が成立します。
鬼姫狂ブランドとして、第三者に正式な形でビジネスライセンスを発行し、ロイヤリティを受け取ることができる絶対的な立場となります。

キャラクタービジネスを展開するといっても、私一人ではできないことの方が多いです。
食品や衣類、雑貨、工芸品などの分野は、それを専門にしている人がキャラクター商品のラインナップとして企画開発する方が合理的なので、キャラクターを好きになってくれるならば、積極的にライセンスを発行します。

「鬼神童女遊侠伝」シリーズは、現代の民俗信仰及び民間伝承として確立することを目指すものなので、「民間の主体的な発意による参加」が重視されます。
初期費用と年会費はかかりますし、制作費も自己負担ですが、その代わり売上の6割から7割を取り分にできます。
売れなければ一銭にもならない成果主義である分、売れたときの見返りは大きいのです。

一定のルールさえ守っていれば、誰に口出しされることもなく好きに商品開発をすることができる、そういう日本一自由なキャラクタービジネスを確立するには、独占排他権を掌握する元締めになるのが重要です。

ひきこもりでもニートでも不登校でも、「その気」さえあれば初期費用1万円と年会費5,000円で、何でも作って売ることができる、コンビニのフランチャイズや楽天の出店よりもはるかに敷居の低い独立の道しるべが、鬼姫狂総本部の創作師制度なのです。

宅配弁当開発をしてもいいし、レトルト・インスタント食品開発をしてもいいし、缶詰瓶詰開発をしてもいいし、土産菓子開発をしてもいいし、玩具開発をしてもいいし、化粧品・衛生用品開発をしてもいいし、何をやってもいいのです。

ものづくりの発祥は、百姓が農作業の合間にやってきた家内制手工業です。
なんでも工場に発注をかけて大量生産しなければいけない理由などなく、手作り品の制作販売から始めたっていいわけです。
自家生産が十分に可能な商品だって、色々あるはずなのです。

私は原作者として基幹作品を生み出す活動をする手前、映像紙芝居や実写映画、絵本の制作が中心になりますが、グッズ開発も長期計画のもと進めていくつもりです。
一番実現したいのはご当地飲料「霊泉鬼姫山」を商品化することですが、その説得力として、「鬼の姫」に専門特化した独占市場の確立と創作活動の継続が必要なのです。

会員制キャラクタービジネスの仕組みそのものは、心理学科時代には構想を練り始め、モール型コンテンツ販売システムとアフィリエイトシステムを買い付け、何年も前から実用化の準備をし続けていましたが、権利化が追い付いていませんでした。

積極的に会員勧誘に動けなかったのは、この権利化が未完成の状況で、ライセンス契約に対する法的根拠が著作権のみだと弱かったからです。

しかし、これで、ようやく正真正銘の独占市場を確立するための基礎工事が終わりました。

基礎工事なしに城は建ちません。

ここから、本当の城作りが始まるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です