武術研究用の居合刀と実写合成用背景幕を注文しました

どうも、同人結社創作信仰鬼姫狂総本部 代表の秋元惟史(作家名義・民富田智明)です。

筋肉増量と脂肪減少を目的としたダイエットを決断し、ホームトレーニングが習慣化してきた感じです。

さて、ホームトレーニングの一環として、「鬼神童女遊侠伝」シリーズで使われる創作武術「鬼姫流武術」の確立のために、剣術を中心とした武器術と体術の基本動作を総合的に研究し、反復練習しています。

基本的に、武器術の研究は大小の木刀を使っているのですが、抜刀術に関しては、実際に鞘から刀身を抜く動作を研究する必要がありますので、木刀だとやりにくいです。

そこで、いっそのこと居合刀を一振り買ってしまおうと思い、入門練習用の最安の居合刀を注文しました。
刀袋付きで13,300円です。
観賞用の模造刀ではなく、しっかりと振れる居合刀としてはかなり安いです。

自分の好みの刀が作れる「オーダーメイド居合刀」にはすぐに手が出ないので、今は安物の練習刀で満足します。

今回、居合刀を買い付けることに決めたのは、殺陣の抜刀術の研究のためというのが大きな理由ですが、時代劇が好きなだけあって自分の居合刀を持つことに憧れがあったのと、映画撮影用の竹光を作る際の見本として参照できるからというのがあります。

寸法を測ったり、柄巻や下緒の巻き方を確認するには、ネット上の画像を見るよりも実際に居合刀を手に持って見た方がわかりやすいので、最低でも一振りの刀は必要なのです。

あと、実写合成用に中国製のグリーンバック背景のセットを注文しました。
6,899円です。


1.8m×2.8mの室内用の小さなものとはいえ、合成に使う背景幕があれば、色々な特殊効果を試せますので、手持ちのアフターエフェクトが真価を発揮します。
かつてはハリウッドのスタジオでないとできなかったような技術が、個人が自宅の一室で安価で試せるようになったなんて、いい時代ですね。
まあ、だからこそ、特撮そのものを売りにするのはもうダサいやり方で、特撮を使って何を表現するのかという演出力が問われるのだと思います。

 

8月に実写映画を実現させると誓願を立て、業務用ビデオカメラなど撮影機材を調達し、殺陣の研究用に木刀や棒を調達し、小道具の銃や、小道具衣装制作の道具や材料を調達し、知識習得のための教本を買い集め、相当な金額を先行投資することになりました。

しかし、今回の練習用居合刀と合成用背景幕セットの購入によって、映画制作のための最低限の下準備が終わります。
あくまでも、最低限ですが。

ここまで買い込んできた備品は、金額こそ大きくなりましたが、一度買ってしまえば壊れない限り長く使えるものです。
撮影機材も、武道具も、銃も、工作裁縫道具も。
お金は減りますが、備えになるわけで、私の部屋が着実に個人資本の独立系映画スタジオと化していったことになるのです。

ここまできたら、あとは撮影に使う仮面(牙吉面、飛丸面、妖賊面)と衣装の制作をどうするかと、役者をどうするかだけです。

必要な備品はほとんどそろったので、あとは、ひたすら貯金です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です