映画撮影用の銃を注文しました

どうも、同人結社創作信仰鬼姫狂総本部 代表の秋元惟史(作家名義・民富田智明)です。

現在脚本執筆を進めている実写映画「鬼神童女遊侠伝/まさかり担いだ熊男」(仮)で使用する小道具として、新たに銃を注文しました。

すでに、リボルバー一丁とライフル一丁は買っているのですが、お金がないからと中途半端なガンアクションをやるくらいならば、もうちょっと頑張って本格的なガンアクションをやった方がアクション大好き野郎として達成感を得られるので、アクションキャラ全員分の銃をそろえてしまうことにしました。

購入したのは、以前注文したのと同じクラウンモデルの廉価カートリッジ式ガスリボルバーです。

主役のお凜様の専用銃として、 金属光りが目立つS&W M629 8インチ ステンレスタイプ一丁
7,990円

お供役の牙吉さんと飛丸さんの専用銃として、 COLT パイソン 6インチ二丁17,220円

妖賊の子分の専用銃として、 S&W M586 4インチ 二丁
14,264円

合計41,474円です。

お凜様専用銃としてシルバータイプを注文したので、以前買ったCOLT パイソンハンター 8インチブラックタイプは、妖賊の親分専用銃にします。

今回、リボルバー対ライフルという構図が見せ場になるので、ライフル+8インチリボルバー+まさかり+日本刀で、熊男の装備が凶悪すぎます。
さすが人生初の本格的実写映画に相応しいボスキャラ。

この採用された銃を並べてわかるように、キャラの格によってインチ数が決めてあります。
主役級は8インチ、脇役級は6インチ、端役級は4インチです。

都合六丁のリボルバーを集めることになりましたが、妖賊の子分は、役者、衣装、小道具使い回しで、カット割りと合成を駆使して人数が無限増殖しますので、これだけでも、一応、心意気だけはハリウッドウエスタンに迫るガンアクションに挑戦できます。

銃は、一度買ってしまえば何作品でも使い回せるので、設備投資として十分安い買い物です。

これで、銃の買い付けも終わるので、次に取り掛かるのは、刀剣類の制作と、特殊衣装の制作と、市販衣装の買い付けです。

ファンタジーアクションなので、脚本上、かなりの美術作業があります。

手探りでの制作なので、かなり手間がかかると思いますが、これを成し遂げれば映画美術の相当な経験知となりますので、コツコツと取り組んでいきます。

それよりも、映画の衣装で使うセーラー服を買ったら、どこにしまっておこうか。
映画の衣装という口実がなければ、男が女子制服を手に入れるなんて、こんな勇気のある買い物はなかなかできん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です