映画の小道具兼コンテンツ制作の備品として一眼レフを注文しました

どうも、同人結社創作信仰鬼姫狂総本部(通称・鬼姫狂) 代表の秋元惟史(作家名義・民富田智明)です。

ついこの間年が明けたばかりなのに、あと何日かで2月になってしまいます。
小さい頃と違って、1年が早くなってきて嫌ですね。

さて、企画を進めている実写映画「鬼神童女遊侠伝/まさかり担いだ熊男」(仮)では、アイドルに憧れる小学生の女の子が事件の被害者役であり、サブヒロインとなります。

で、お話が、自主制作写真集の撮影の様子から始まるのですが、写真集の撮影をする以上、コンパクトデジカメではなく、それなりのデジカメを使っているはずなので、実用性の高い小道具として一眼レフを注文しました。

一眼レフはピンからキリまであるのですが、潤沢なお金もないし、私自身が一眼レフの初心者である上に、お話の設定上もプロの写真家ではないので、できるだけ格安の入門機を探して買いました。

Nikon デジタル一眼レフカメラ D3400 AF-P 18-55 VR レンズキット ブラック
16GBのSDカードをつけて、49,758円

私はもともと寺社巡りや城址巡り、景勝地巡りが好きで、一人旅に出るとなれば、コンパクトデジカメ片手に風景写真を撮りまくっています。

映像学科出身なので、写真を撮りまくるのは構図の勉強になるのです。

で、アマチュア向けのコンパクトデジカメで写真を撮りまくっていれば、もう少し凝った写真もやってみたくなるのは当然の成り行きです。
ただ、一眼レフは安くはない買い物なので、ずっと保留をしていたのです。

なので、この際映画の小道具に使うということを口実に、思い切って一眼レフ購入に踏み切ったのです。

一眼レフがあれば、実写映画「鬼神童女遊侠伝」の派生として、本当にヒロイン&スーツアクターの公式写真集の出版を目指せますので、作品ラインナップが増えて合理的です。

毎月の給料の3分の1くらいが先行投資に吹っ飛んでいますが、貯金しやすい実家暮らしの恩恵を受けられるうちに買うべきものは買ってしまったほうがいいと考えています。

あとは、小道具の刀剣制作の材料はほぼそろっているので、衣装の準備にお金がかかります。
衣装屋さんに外注しなければ生地代くらいですが、いくらくらいになるのでしょうかね。
人形劇団時代に人形制作の経験はあるので、そのノウハウを活かせば自分で作れると思います

それと、サブヒロインに着せる衣装をどうするかですね。
アイドル志望の小学生の女の子がサブヒロインなので、その筋のマニアの需要を満たすために衣装としてセーラー服を着せたいのですが、数千円で買える格安のコスプレ制服でいいのかなと思案しています。
脚本の設定が「アイドル志望の女の子によるコスプレ写真集の制作」なので、本物の学生服メーカーが仕立てた1万円以上する高級セーラー服は、趣旨と違う気がするのです。

まあ、そういうわけで、写真撮影中のセーラー服少女を、熊男がまさかりでガンガン追い立てますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です