【映画制作】小道具制作14お凜様首飾り完成

どうも、同人結社創作信仰鬼姫狂総本部(通称・鬼姫狂)代表の秋元惟史(作家名義・民富田智明)です。

実写映画「鬼神童女遊侠伝/まさかり担いだ熊男」(仮)の小道具制作が進んでいます。

今回の作業は、お凜様の首飾りの作り直しです。

前回試作した首飾りは、発泡スチロール球の芯に紙粘土を包んで固めて色を塗ったものでした。

お凜様の原画イメージでは、このくらいの球の大きさだったのですが、実際に首飾りを作ってみると、持ち上げたらずっしりと重く、とても使用に堪えるものではありませんでした。

なので、首飾り試作第1弾はボツとし、今日は第2弾を作りました。

首飾り試作第2弾は、発泡スチロール球をそのまま使い、勾玉のみを紙粘土で成形する方法を取りました。

今まで、丸いものを塗る際に直接新聞紙の上で転がして乾かしていたのですが、絵具やニスが新聞紙にべたべた貼り付いて悲惨なことになったので、狭山市駅前の本屋兼100円ショップで油粘土と竹串とタッパを買い、即席の固定台としました。

たった300円の出費なのに、なぜ初めからやらなかったのだろう。

筆のカスレにより、木星の表面みたいな模様になっています。

首飾りを紐で繋げたらこんな感じ。

発泡スチロール球をそのままつなげたので、イメージよりも球が小ぶりで数も多くなり、博物館に展示されている古墳時代の首飾りに近い見た目になりました。

紙粘土で包んでいないので強度的には不安もありますが、かなり軽くなっています。

肉眼で見ると結構チープだったりするのですが、カメラ越しの質感は思ったよりもチープさを感じませんね。

これで、お凜様の首飾りを完成とします。

次は、お凜様の耳飾りです。

耳飾りが終わったら、どんなに傷ついた心でもたちまちに慰癒することができるとされる「鬼姫山の霊竹で作った笛」を作ります。

竹の素体から笛を作るのは難しいので、市販の竹笛の意匠を改造することにします。

これらの小道具は、武器類と共に、関連実用品としてレプリカをグッズ化する予定です。

ご当地ブランドとして、土産菓子などの食品の企画実現とは違い、工芸品はやりやすいので、後々、受注制作をやってくれる委託作家さんを発掘します。

今回の実写映画に合わせて、関連グッズのラインナップを増やしていければと思います。

企画から販売まですべての権限を作者自身が掌握しているので、第三者に企画を認めてもらう必要はなく、自分がやりたいと思えば即実行です。

とりあえず作品点数を増やしまくり、お金は後でついてくるという考え方です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です