「鬼神童女遊侠伝」実写映画化のために、独学で創作武術の研究をします

どうも、同人結社創作信仰鬼姫狂総本部 代表の秋元惟史(作家名義・民富田智明)です。

先日、ユーチューブで各地のご当地ヒーローの動画やアクション系の自主制作映画を見ていて、無性に「実写映画やりてえええええ!」と、映画制作への想いが再燃しまして、「鬼神童女遊侠伝」シリーズの新規企画として、実写映画化を正式に公表しました。

で、当結社の直属のアクションチームの発足のために、出演者募集告知をしました。

自主映画なんて映像学科の課題以来で10年くらいブランクがありますし、何のつてもない中で公募して、本当にうまく人が集まるのかどうか、まったく予測がつかないというのが本当のところです。

ましてや、主役のお凜様を演じてくれる女の子が見つかるのかどうか、わかりません。

スーパーヒロインアクションなので、女の子不在ではどうにもならないのです。

全然売れてもいない無名ブランドなのに、「実写映画をやりたい」という一心だけで企画を立ち上げてしまうという、年甲斐もない無茶なパッションでございます。

 

しかし、「鬼神童女遊侠伝」シリーズを実写化するとはいえ、そもそもアクションシーンをやるためには殺陣を習得しないと話にもなりません。
私は創作畑出身で、本格的な演劇経験もなければ、ましてや武道経験なんてありません。
演技も武道もずぶの素人な私がアクションチームを発足しようというのですから、最低限の準備なしには説得力もくそもありません。

なので、発起人の責務として、殺陣の研究をすることは当たり前のことだと思い、殺陣の基礎知識となる「空手」と「柔道」と「剣道」の教本を買ってきました。
あと、通販で薙刀と大刀と短刀の木刀3本セットを備品として注文しました。
色々な格闘術に関心はあるのですが、素手での格闘と、大小刀剣での格闘が日本式の殺陣の基礎だと思うので、教本を片手に独学で研究しようと思います。

本当はちゃんとした武術道場に入門すべきなのかもしれませんが、必ずしも土日休みとは限らないため、なかなか都合がつかなくて習いごとに行けずに悩んでいたので、開き直って休みの日に独学し、殺陣の型そのものを独自開発してしまおうと思いました。

「鬼神童女遊侠伝」シリーズはあくまでもファンタジーなので、実在する武道武術の型にあてはめて殺陣を組む必要などまったくありません。
そもそも、「武州鬼姫信仰」という民俗信仰を描いたものであり、「鬼姫山三神」という人知を超えた神様の物語です。
悪役も「妖賊」という徒党を組んだ妖怪変化であって、超自然的な異界の住人なのです。
だから、人間が理論化して確立した武道武術の型など、もはや関係のない戦いを描くのです。
人間が決めた流派など、気にしなくてもよいのです。

そうであれば、「日本空手道ではこんな構え方はあり得ない」とか、「日本柔道ではこんな投げ方はしない」とか、「日本剣道ではこんな斬り方はしない」とか、「日本舞踊ではこんな踊り方しない」といった、一つの流派の考え方に過ぎない批判は受け流せることになります。

「鬼姫山三神」には独自の武術があり、「妖賊」にも独自の喧嘩殺法があるのです。

そのような、どこの流派のものでもない独自の創作武術を確立するのが、「鬼神童女遊侠伝」シリーズの生みの親である私の役割なのだと思います。

あくまでもお芝居のための武術なので、武術大会に出場するのを目指すわけでもないし、暴漢相手の実戦で勝つことを目指すわけでもありません。
演技として戦っているように見えればそれで十分なので、格闘技の心得のない私でも研究と指導はできるはずです。

幼い頃から、見えない敵と戦い続けていますから、それをもっと本格的にやった共同幻想こそが殺陣の技術なのですよ。

鬼姫流武術をはじめとする創作武術の確立のため、ちまちまと研究を続けていきます。

 

原作者が率先して行動しないと、誰もついてきてくれません。

何でもやらないといけない自主制作映画なので、「私は裏方に徹します」などと言える環境にないのです。
殺陣の技術開発も、演出のうちなのです。

教本代と模擬刀代で3万円近くかかりましたが、一度買えばずっと使えるので、安いものです。
創作武術の型稽古で体力作りにもなりますし。

実家に物干し場として屋上のような構造があるので、薙刀のような長物を振り回しても壁や屋根を傷つけないので好都合です。
実家にいれる間は、自分だけの稽古場として有効活用します。

30超えて、まさか「見えない敵と戦う」ことが日課になる時が来るとは思いもしませんでしたが。

 

映画制作のためのアクションチーム発足の告知をしたからといって、すぐにヒロインやスーツアクターが発掘できるとは限りませんが、自分だけでも型稽古くらいはできるので、研究を続けていきます。

「鬼神童女遊侠伝」を実写映画化するには

どうも、同人結社創作信仰鬼姫狂総本部 代表の秋元惟史(作家名義・民富田智明)です。

いま、空想時代劇「鬼神童女遊侠伝/わらべを喰らう猫女」の原作絵本の企画が進んでいるのですが、無性に「鬼神童女遊侠伝」の実写映画化をしたくてたまりません。

もともと私は生粋の映画少年でしたし、自主制作映画の世界に興味を持って映像作家を志したこともあって、今でも映画制作への想いを諦めたわけではありません。

ただ、お金とか、人脈とか、色々な事情から映画化を保留し続けていて、くすぶり続けているのが本当のところです。

ユーチューブには、各地方のローカルヒーローの動画が投稿されていて、学生時代から影響を受けています。

何を隠そう、私が「鬼神童女遊侠伝」シリーズを始めたきっかけは、ローカルヒーローを生み出したいという想いを抱いたことにあるのです。

ただ、よくあるローカルヒーローは、「戦隊」や「仮面ライダー」の影響をもろに受けた、完全な変身ヒーローのパロディであり、どれも似たり寄ったりな印象を受けていました。
だから、今更新しく変身ヒーローをやったところで埋もれるだけですし、そもそも有名作品をまんまパクっただけなので、そこに新規性はないわけです。

そこで、私は「変身」というギミックをあえて禁じ手にし、生身で活躍する変身しないローカルヒーローを目指そうと思いました。

それが、色々な試行錯誤を経て、スーパーヒロインアクション「鬼神童女遊侠伝」シリーズになっていったのです。

だから、「鬼神童女遊侠伝」シリーズは、実写映画化を初めから意識した企画になっています。

お凜様の衣装デザインが現実の風俗に照らして違和感のないようにしているのも、漫画やアニメを実写化した時の、学芸会のお遊戯以下のひどいコスプレごっこになることを回避するためです。
お凜様の特徴である二本角は、絵では目立たせるために黄色く塗っていますが、実際には、もっと本当に生えている感じの、実在する動物の角に近い質感を想定しています。

牙吉や飛丸の真の姿が獣頭人身や鳥頭人身であったりするのは、本物の犬や烏を使うわけにはいかないので、実写版ではスーツアクターによる着ぐるみで演じられるようにするための設定付けです。
つまり、二次元ではかわいい動物型でいる牙吉と飛丸の本気モードは実写版なのです。

「鬼神童女遊侠伝」シリーズは、初めから実写化を想定しているので、日本の時代劇や特撮ヒーロー番組の作風が頭に焼き付いている人であれば、私の頭の中がどうなっているのかはよくわかると思います。

そういうノリの映画を生み出したいのです。

 

問題は、衣装や小道具を制作するお金と、役者さんの確保です。

最初のうちは、ほんの短い学生映画に毛が生えた程度の規模でも構わないのですが、衣装と小道具と役者がいないと映画は作れません。
牙吉と飛丸は、予算の都合で出演させずにお留守番させたとしても、主役のお凜様だけは絶対に必要です。
悪役は怪人なので中の人のルックスは問われませんが、お凜様は顔出しなので、相応のルックスは要求されます。

かわいくてかっこいい、チャンバラもカンフーもドンパチも対応できる、お凜様を演じることができるスーパーアイドルを発掘できないことには、「鬼神童女遊侠伝」の実写化は難しいです。

自主映画をやるくらいの最低限の撮影機材と編集環境はあるので、衣装、小道具、役者をどうそろえるかというのが問題なのですね。

地元狭山市で、自主映画に興味のある役者志望の有志を募集して、ゼロからヒロインとスーツアクターによるアクションチームを発足するということも考えにはありますが、できるかどうか。

創作漢字ドリルの小学生編が完結しました

どうも、同人結社創作信仰鬼姫狂総本部 代表の秋元惟史(作家名義・民富田智明)です。

本日、「鬼神童女遊侠伝 学習教材シリーズ お凜様の漢字問題集 小学生編」が遂に完結しました。

小学校6年分の常用漢字の音訓を使った創作漢字ドリルが、総数122枚となりました。

「鬼神童女遊侠伝」シリーズは、娯楽と教養の両立を掲げた、知的なキャラクタービジネスとして確立していくことを目指しているのですが、その娯楽と教養の両立も、創始者自信が率先して取り組まない限りは説得力が出てきません。

鬼姫山のお凜様は、子供の姿をした子供の神様ですから、向学心のある子供の勉学の手助けをするのもその役目のひとつです。
数百年間もの長い時を過ごしてきたからには多くの知見を身に着けているのが必然であり、お凜様は、その小さな体からは想像できないほどの博学であるとされています。
言い伝えでは、村々の子がお凜様に学問を授けられて立身出世を果たしたという話が多く残されています。

私は、ただのしがない凡人であって、博学でもなんでもないので、お凜様の伝承を下敷きにした学習教材を創作するのは非常に骨の折れる取り組みです。
教材を作るにも、元となる参考書を読み込んで理解する必要があるので、一朝一夕でポンポン量産できるものでもありません。

しかし、「鬼神童女遊侠伝」シリーズがお凜様の伝承に基づいた作品である以上、娯楽と教養の両立は、成し遂げなければならない修行なのです。

今回、小学生向け漢字ドリルは完結したので、次の課題として、途中で止まっている小中学生向け英単語ドリルの完結を目指します。

私も32歳で、将来的にいつかは結婚して、子供ができる時が来るでしょう。
自分の子供ができたときに、胸を張って自分の作品だといって使ってもらえるような学習教材を目指していきます。

 

さて、漢字ドリルが一段落ついたので、これからは原作絵本の完成を目指して絵本の原画制作を中心にしていきます。
それと同時に、ミニゲーム企画やグッズの企画もちまちまと進めていきます。

創作活動というものは、手間はかかるのですが、一度完成してしまえば一生ものの財産としてストックされていくものなので、すぐに結果が出ないからといって諦めたら終わりです。
著作権は一生有効なのですから、長期戦をいかに耐え抜けるかが勝負なのです。

私が率先して新規企画を立ち上げなかったら、一体誰が後についてきてくれるのでしょうか。

「鬼神童女遊侠伝」シリーズは、会員制キャラクタービジネスとして、やっとお膳立てが整ってきたところなのです。

HSK3級の成績照会をしたら合格していました

どうも、同人結社創作信仰鬼姫狂総本部 代表の秋元惟史(作家名義・民富田智明)です。

6月10日に國學院大學で受験したHSK3級(中国政府公認の世界統一基準による中国語検定試験)の成績照会が一か月後の7月以降できるようになっていたので、おそるおそる照会してみました。

照会の結果、300点満点中214点で、合格ライン6割の180点を越えていたので、合格判定が出ていました。

具体的には、聴解64点、読解83点、書写68点で、三部門どれもがバランスよく6割越えで、考えようによってはギリギリ合格という感じです。

外国語アレルギーの強い日本人なので、聴解は始めからあまり期待しないで、勉強さえすれば何とかなる読解と書写に力を入れたのですが、初めて見る問題で満点狙いというのはなかなかうまくいかないので、わからなかった問題や失点もかなりありました。
聴解はもう全然ちんぷんかんぷんでわからなかったのですが、マークシートのくじ運だけで64点も取れたのだからツキが良かったですね。

HSKの合格という実績は、あくまでもペーパーテストでのものなので、実際に使える中国語力かどうかという指標にはなりません。
事実、私の中国語力は、ひよっこ程度のもので、一人で中国に行って生きて帰ってこれる自信などありません。
しかし、HSKというしかるべき試験団体(しかも中国政府公認)が「合格」という実績を証明してくれることになるので、自己申告の語学力よりは客観的判断基準になります。

一応、HSK3級は、単語量600、「生活・学習・仕事などの場面で基本的なコミュニケーションをとることができ、中国旅行の際にも大部分のことに対応できる」、大学の第二外国語における第二年度前期履修程度となっているのですが、大学の第二言語必修科目レベルを超えているので、ちゃんと対策をしないと落ちます。

3級に受かれば、次は4級の挑戦となるのですが、4級は単語量1200、「中国語を用いて広範囲の話題について会話ができ、中国語を母国語とする相手と比較的流暢にコミュニケーションをとることができる」、大学の第二外国語における第二年度後期履修程度となっていまして、短文の課題作文も出題されるので、3級の倍以上の難易度であるようです。

ここまでくると、いかに中国語にどっぷり浸かったかが勝負になってくるので、付け焼刃は利きません。

半年計画くらいでコツコツと対策して、4級合格に挑戦していきます。

漢字ドリルシリーズが小学6年生編に突入しました

どうも、同人結社創作信仰鬼姫狂総本部 代表の秋元惟史(作家名義・民富田智明)です。

「鬼神童女遊侠伝」学習教材シリーズお凜様の漢字問題集が小学6年生編に突入しました。
分量的に、1日5枚(音訓約40文字)を5活動日こなせば卒業できる計算になっています。
なので、8月上旬中には漢字ドリルの小学生編を完遂する予定です。

キャラクター漢字ドリルが終わったら、しばらく寝かせていた空想時代劇「鬼神童女遊侠伝/わらべを喰らう猫女」の原作絵本の原画制作に取り組みます。
完成の予定は未定ですが、じっくりと商品価値の高い絵本に仕上げたいので、今年一杯は制作期間と考えています。
私が小学校低学年の時に熱中していた児童書「かいけつゾロリ」シリーズ(原ゆたか著)が、半年に一冊、つまり年二冊の刊行ペースで続いているそうなので、私の「鬼神童女遊侠伝」原作絵本シリーズも、これから年二冊刊行を目安にやっていきます。
今32歳なので、60歳になる頃には55本以上の原作絵本が積み重なっていることになるでしょう

キャラクタービジネスは、立ち上げたからといって確実に成功するという保証はまったくできない分野なので、焦りは禁物ですが、なんとか35歳までには独立して事務局を法人化できるくらいに軌道に乗せていければと思います。
日本広しといえど、「鬼の姫に狂う」ことに特化したブランドを所有しているのは私だけなので、無名で売れていない状況とはいえ、もはや自己資本で独占市場を形成しています。
私がロリキャラ好きなので、ロリコン傾向の強い思春期前後の青少年男子と成人男性の欲求に忠実なブランドとして不動の地位を確立することを目指していきます。

 

余談ですが、親からの提案で、将来の資産形成を考えて、駅前の再開発地区に立つ予定のマンションを買わないかと勧められています。
相場は3000万円から4000万円の間らしいですが、駅前一等地にしては安いので、チャンスだ、と。
自分名義のマンションを一室所有すれば、しばらくの間は当結社の事務局に使えますし、結婚したらそこに転居もできますし、自分で住まないにしても賃貸すれば家賃収入を得られるそうなので、将来性を考えたら、ありかもしれません。
まあ、マンションの抽選から外れる可能性もありますし、ローンの審査から落ちる可能性もありますので、絶対に駅前一等地マンションオーナーになるとは限らないのですが。
田舎に根本聖地を建設して居城とする夢もありますが、いつ叶うかわからない夢なので、とりあえず35年ローンで分譲マンションを買って居城とするのが、将来を見据えた堅実な選択肢かもしれません。
ただ、問題は、手取りの給料の半分くらいが住宅ローンで吹っ飛ぶ計算になりそうだということですねえ……。
賃貸に出して家賃収入化した場合はともかく、世を忍ぶ仮のお仕事の収入だけだと、ローン返済できつきつの生活になりそうです。
これをきっかけに、当結社の収益化を本気で実現したいです。