内向型の自分に、臆せず他者を巻き込む力が欲しい

どうも、同人結社創作信仰鬼姫狂総本部 代表の秋元惟史(作家名義・民富田智明)です。

代表ったって、まだ独りぼっちなんですけどね……(自虐)

自分の内向的な気質、押し出しの弱さが、これほど悩ましい局面はないです。
会員制同人結社を軌道に乗せるためには、会員を勧誘して自軍に引き込む必要があるわけです。
けれども、自分はリア充でもなんでもなく、大学時代以降、人脈に恵まれない「ぼっち」だったので、本当にあてにできるコネクションがないのですよ。
なので、SNSや創作系個人サイトを徘徊して、何の面識もないところから赤の他人を仲間にしていくという、コミュ障にとっては非常にハードルの高いミッションをこなしていかなければなりません。
私の志に共鳴して仲間になってくれる方ならば、一生分以上の恩恵をお返しできるような仕組みを構築してはいるのですが、いかんせん、無名の駆け出しブランドなわけで、鬼姫狂徒として活動しても成功できる保証など一切ないのです。
どう考えてもかなりのハンデですよ。

でも、昔なじみの友達だからといって志まで同じくできるわけではないということは、映像学科時代に自主映画を頓挫しまくった経験で痛感しました。
遊び友達としては格闘ゲームなどで盛り上がるのですが、どこまでも遊び友達以上にはできなかったのです。
そして、みんな普通に働きに出て、今ではそれぞれの道に進んでバラバラになってます。
音信も途絶えたので、かつての親友とは本当に疎遠です。
そう考えると、学生時代まで群れてリア充を気取っていたところで、それが本当に生きた人脈につながっているかどうかは、意外と怪しいのではないかとも考えます。

だとすると、学生時代のリア充人脈をあてにしていてもダメということなのでしょう。

20代の頃、大学でぼっちだった反動からか、とかくリア充に対して劣等感を抱き続けていた自分がいました。
リア充でない、ずっと一人でいるぼっちな自分はダメ人間なんだと。
けれども、そういうリア充な人たちに限って、まず部屋に籠って一人で創作活動をするなどという地味なことはやらないし、できないのです。
なので、創作活動で成功するという観点においては、リア充だからぼっちよりも偉いという結論にはならないのではないでしょうか。

自分の狭い人生経験から思うに、創作活動をする人は、どこか世の中の「当たり前」とされる価値観に迎合できず、コミュニティの中から浮いてしまいがちな不器用な気質を持っている傾向にあるのではないかと思っています。
どこか現実世界に馴染めなさがあり、だからこそ自分の中に別の世界を作り出して、それを表現して生きるのが楽しいというか。
そういう、現実以外のどこかを表現するのが生きがいとなっている人の仲間は、実生活においては身近に都合よくいないため、共感者が見つからずに余計に孤独の道を歩まざるを得なくなるのです。
そう考えると、創作活動をする人はどこか心の中に孤独を抱え続けていると言っても良くて、自分に関心を持ってくれる仲間の存在に飢えているという側面はあるのではないでしょうか。
リアルでは仲間がいない、だからこそネットで作品を発表し、共感して支持してくれる人を求めるというような。

それで、創作やる人は内向型が多いとされるので、「なんとか見出してもらいたい」という待ちの姿勢になりがちなのですよ。
でも、待っても待っても、向こうから人はやってきてくれないのです。実体験……
ましてや、内向型の創作活動家同士だと、お互いに牽制し合って歩み寄れないまま膠着しているという、非生産的な状況が続くのではないかと思います。

今までは、名刺代わりの一本を完成させたり、鬼姫狂の基礎固めのためにビジネスモデルを考えたりなど、自分自身との対話、自分自身との戦いが中心でした。
誰にも手助けしてもらえないし、自分にしか理解できないものなので、本当に孤独です。
だからこそ、生みの苦しみも、孤独も理解できるのです。

同志が欲しいなら、自分から他者に接触を図らないと道は開かれないのだと、最近は考えるようになりました。
もちろん、ただの馴れ合いではなくて、鬼姫狂という仕組みを売り込むためなので、利害が一致しなければ断られるでしょう。
しかし、圧倒的大多数の創作活動家は無名だし、売れなくて悩んでいるのです。
出版社などは作家個人を都合のいい消耗品ぐらいにしか思っていないので、一部の売れっ子以外は簡単に使い捨てます。
ならば、たとえ目先のお金が保証されない成果主義であっても、半永久的に権益が保証されるのであれば、会費制であっても無名作家の受け皿として同盟を組むメリットを感じてくれる人も現れるのではないかと信じています。
ましてや、そこに日本文化の発展の礎を作るという、目先のお金以上の理念があれば、私益を越えた功績を将来に残せるのですから。

仕組みは私が全部作り上げましたので、あとは、そこに乗っかるだけです。

ただ、ひたすら勧誘する勇気を持つだけで、同志が得られるのです。
それなのに、その一歩踏み出す勇気を得るのに大きなエネルギーを必要とするのが、私のような内向型なのです。

ないものねだりかもしれませんが、些細なことにクヨクヨしないで、ガンガン押しの一手で攻めていけるようになりたいものです。