落ちこぼれから始める外国語 英語5 疑問詞疑問文

どうも、同人結社創作信仰鬼姫狂総本部 代表の秋元惟史(作家名義・民富田智明)です。

 

落ちこぼれから始める外国語 英語編の第5回目は疑問詞疑問文です。

 

質問に対して「はい」か「いいえ」で答えるYesno疑問文については、先にやりました。

 

疑問詞疑問文は、疑問詞を使って特定の質問をする文で、「はい」か「いいえ」では答えられないものをいいます。

「時」「場所」「人」「物」「理由」「方法」などを尋ねるために、それぞれ専用の疑問詞を使います。

 

【単独の疑問詞】

【時 いつ?】

時を尋ねるときは、疑問詞whenを使います。

When does she come from London? いつ彼女はロンドンから来るのですか?

 

【場所 どこ?】

場所を尋ねるときは、疑問詞whereを使います。

Where do you view this movie? どこであなたはこの映画を見るのですか?

 

【人 誰?】

人を尋ねるときは、疑問詞whoを使います。

Who uses this dictionary? 誰がこの辞書を使うのですか?

 

→【誰の?】whose

 

【物 何?】

物を尋ねるときは、疑問詞whatを使います。

What is that big stone? あの大きな石はなんですか?

 

【理由 なぜ?】

理由を尋ねるときは、疑問詞whyを使います。

Why does he cry? なぜ彼は泣くのですか?

 

【方法 どうやって?】

方法を尋ねるときは、疑問詞howを使います。

How do you go to Mexico? どうやってあなたはメキシコに行くのですか?

 

【指定の事物 どの?】

指定の事物を尋ねるときはwhichを使います。

Which car do you like? あなたはどの車が好みですか?

 

【連語の疑問詞】

【時刻】

時刻を尋ねるときはwhat timeを使います。

What time is it now? 今何時ですか?

 

→【曜日】what day 【年】what year

 

【年齢】

年齢を尋ねるときは、how old を使います。

How old are you? あなたは何歳ですか?

 

【数量】

数量を尋ねるときは、how manyを使います。

How many books do you buy? あなたは何冊の本を買うのですか?

 

【値段】

値段を尋ねるときは、how muchを使います。

How much is this CD? このCDはいくらですか?

 

【長さ、期間】

長さや期間を尋ねるときは、how longを使います。

How long do you study English? あなたはどのくらいの期間英語を勉強しますか?

 

【回数、頻度】

回数や頻度を尋ねるときには、how oftenを使います。

How often do you go to travel in year? あなたは年に何回旅行に行きますか?

 

【距離】

距離を尋ねるときには、how farを使います。

How far do you take a walk? あなたはどのくらいの距離を散歩しますか?

 

疑問詞はだいたいこんな感じです。

 

 

【疑問詞疑問文の作り方】

最後に、疑問詞疑問文の作り方を確認します。

 

まず、肯定文の語順を頭に思い浮かべます。

I study English every morning. 私は毎朝英語を勉強します。

疑問文なので、主語が「私」だとおかしいので、「あなた」に変えます。

You study English every morning.

【いつ?】と尋ねたい場合、時を表す副詞をwhenに変形させて文頭に持っていきます。

When you study English.

疑問文の語順に整形して完成です。

A: When do you study English?  いつあなたは英語を勉強しているのですか?

B: Every morning. 毎朝です。

 

 

これで、英語の疑問詞疑問文の基礎は終わりです。

 

落ちこぼれから始める外国語 英語3 YesNo疑問文

どうも、同人結社創作信仰鬼姫狂総本部 代表の秋元惟史(作家名義・民富田智明)です。

落ちこぼれから始める外国語 英語3はYesNo疑問文です。
前回、英語の簡単な否定文を作るための基本をやりました。
肯定文と否定文が理解できれば、疑問文を使えるようになれます。
疑問文を使えるようになれば、言語の骨組みはほとんど完成したようなものです。
すべての文章は、肯定文、否定文、疑問文によって構成されていますので、ここまでくれば、単語力次第で、かなりの応用ができるようになります。

では、疑問文の作り方を説明します。

疑問文には、YesNo疑問文と疑問詞疑問文があります。
YesNoつまり「はい」か「いいえ」で答えられる疑問文がYesNo疑問文です。
それ以外の、「なに」「いつ」「どこ」「なぜ」「どうやって」など、疑問文を作るための専用の記号を使って尋ねる疑問文が疑問詞疑問文です。

ここでは、YesNo疑問文を説明します。

YesNo疑問文を作るためには、主語の前に動詞を置いて、語尾に疑問文であることを宣言する「?」をつけます。

be動詞の場合、そのまま主語の前にbe動詞を移動させます。

Are you Japanese? あなたは日本人ですか?
V S C

一般動詞の場合、否定文同様、動詞の原形の前にdoを持ってきて、そのdoを主語の前に移動させるという手続きを踏みます。
例文にdoだけでなくdoesというものがありますが、doの変形体だと思ってください。
否定文も疑問文も、「私」と「あなた」以外の三人称は全部doesをつけます。

Do you drink beer? あなたはビールを飲みますか?
S V O

Does she go to Egypt? 彼女はエジプトに行きますか?
S V M

YesNo疑問文に答えるためには、基本的にはYesかNoかを宣言した後、専用の尾ひれをつけます。

Are you Japanese? あなたは日本人ですか?
V S C

Yes, I am. はい、そうです。
No, I’m not. いいえ、違います。

I’mはIとamの省力形です。amn’tはありません。理屈ではなく、発音のしやすさの問題です。

Do you drink beer? あなたはビールを飲みますか?
S V O

Yes, I do. はい、飲みます。
No, I don’t. いいえ、飲みません。

基本的に、一般動詞でYesNo疑問文に答えるときには本当の動詞はつけません。
理由は、理屈ではなく、くどいからでしょう。

Do you drink beer? あなたはビールを飲みますか?
No, I don’t drink beer. いいえ、私はビールを飲みません。

くどいですね。
こんな無機質な受け答えなど、生身の人間はしないでしょう。

実際には、もっと変化球的な受け答えの表現もありますが、落ちこぼれたるもの、変化球よりも基本に忠実な直球で攻めましょう。
基本に忠実な方が無難ですから。

Yes, I am. No, I’m not.
Yes, you are. No, you’re not.
Yes, he is. No, he isn’t.
Yes, I do. No, I don’t.
Yes, she does. No, she doesn’t.

YesNo疑問文の受け答えを、呪文のように覚えてください。

実際には、動詞の時制によって表現は変わっていきますが、それについては後でやるので、ここでは置いておいてください。