32歳の目標

どうも、同人結社創作信仰鬼姫狂総本部 代表の秋元惟史(作家名義・民富田智明)です。

1月13日を過ぎ、32歳になってしまいました。
人生の芽がまったく出ていないまま、刻一刻と人生を消費しています。

早々と人生に諦めをつけて「お前も現実見ろよ」と諦めモードに引きずり込もうとする人も少なくないですが、私は、どんな手段を使っても夢に近づく工夫をすることが「現実を直視して戦う」ことなのではないかと考えています。
だから、まだ人生の結果が出ていないというだけで、失敗したわけではないのだと自分に言い聞かせています。

旗揚げ作品の「鬼神童女遊侠伝/生娘を狩る大狸」に出演していただいたネット声優さんに対して、完成したDVDと、別途「鬼神童女遊侠伝/うどん屋にたかる大狐」のDVDと主題歌CDを添えて、贈呈品として郵送しました。
諸事情あって、メディア芸術祭の出品から1年くらい間が開いてしまいましたが、これで、出演者に対してのお礼は果たしました。
作品の売上に応じた出演者印税の契約も生きていますので、本当の恩返しはまだまだこれからです。
次は、作品でお金を生み出すための工夫をする段階です。

まだ、始まったばかりなのです。

 

今年の目標は、新作映像紙芝居「鬼神童女遊侠伝/わらべを喰らう猫女」(仮)の脚本完成と絵コンテ完成を主軸とし、キャラクターグッズの充実、鬼姫神社の祭祀祈祷法の確立、会員獲得と収益化を掲げます。

「鬼神童女遊侠伝」で広範囲の商標区分を権利化している通り、実現したいアイディアはたくさんあるので、見込制作と受注制作をうまく使い分けて仕組み化していこうと思います。

聖地建設のために、何よりも売れるようにならないといけないので、ここからが鬼姫狂総本部の存在意義が試されるところです。

日本文化に新しい潮流を生み出すというのは生半可なものではないので、一朝一夕では結果は出ません。
10代20代のうちに栄華を極めるような早咲きなど到底無理なことなので、私はじっくりと遅咲きを狙っていきます。

 

続けた人だけが最後に残るのです。

平成30年は、鬼姫狂の自立のためのスタートラインの年とします

どうも、同人結社創作信仰鬼姫狂総本部 代表の秋元惟史(作家名義・民富田智明)です。

平成30年になってしまいました。

早いもので、当結社の運営も、まったく売れていないまま8年目に突入しました。
お凜様が心中示現してからは、なんと14年目です。

まったく評価されないまま潜伏し続けても諦めないでいられるのは、まさに「キャラ愛」の為せる業でしかないでしょう。
もっと堅く宗教学的な表現をすれば、「信心」そのものです。

今年は、長編映像紙芝居を中核とした創作活動に並行して、会員勧誘や作品販売による成果を出すことに努力する一年にしていきます。
同人結社として経済的に自立するためにも、活動を軌道に乗せていかなくてはなりません。

当結社の活動は、宗教学や民俗学に興味のない人からすればまったく価値を見出せないものだと思うので、最初から宗教学や民俗学が好きな人に狙いを絞って広めていきます。

どんな分野でも、創始者はなかなか理解者が得られずに孤独であることが多いといわれますが、私は、やっとスタートラインに立ったばかりなんだという気持ちを常に持ち、前に進み続けていきます。

「鬼神童女遊侠伝」の商標登録計画が完了しました

どうも、同人結社創作信仰鬼姫狂総本部 代表の秋元惟史(作家名義・民富田智明)です。

本日、特許庁から新たに商標登録査定の通知を受け取りました。

当結社にとって最も重要な「鬼神童女遊侠伝」のキーワードで、最も広範囲となる11区分の出願の登録査定となります。
支払いは済ませたので、あとは登録証の発送を待つだけです。

11区分なので、登録料も相当に高額となり、310,200円となりました。

現時点で月20,000円ずつ積み立ててきた鬼姫狂の資本金残額が539,624円だったので、1日にして半分以上吹っ飛んだことになります。
そう考えると痛いですね。

しかし、これで「鬼神童女遊侠伝」シリーズの商標権が合計13区分となり、法律によってブランド戦略における鉄壁の防御を固めることができます。

「ドラえもん」などの有名先行作品を参考に、キャラクタービジネスを展開する上で必要となる指定商品の区分を片っ端から押えましたから、日本国内において法律上は有名ブランドと同じ土俵に立つことができます。
世界進出はまだまだ先の話なので、国際商標の取得は未知の領域です。(国ごとの申請なのでそもそもお金がない)
まあ、著作権は世界共通なので、作品の権利そのものは国際的に保護されますが。

「鬼神童女遊侠伝」シリーズの指定商品区分表

区分 指定商品名
9 電子出版物,録画済み磁気式又は光学式の記録媒体,録音済み磁気式又は光学式の記録媒体,ダウンロード可能な音楽又は画像又は映像,ダウンロードが可能なゲームプログラム,コンピュータ用ゲームプログラムを記憶させた記録媒体
16 書画,印刷物,文房具類
28 おもちゃ,人形,ぬいぐるみ,おもちゃの面,おもちゃの武器,おもちゃの刀剣,おもちゃの鉄砲,花札,かるた,トランプ,さいころ,すごろく,ジグソーパズル
3 化粧品,洗剤,石鹸類,シャンプー,ヘアーリンス,入浴剤(医療用のものを除く。),あぶらとり紙,歯磨き,香水類,香料,線香
14 貴金属,宝玉及びその原石並びに宝玉の模造品,キーホルダー,宝石箱,記念カップ,記念たて,身飾品,時計
15 楽器
20 クッション,座布団,まくら,マットレス,うちわ,扇子,家具,神棚,風鈴
21 食器類,皿,コップ,ビールジョッキ,食品保存用ガラス瓶,水筒,徳利,杯,湯飲み,碗,茶碗,弁当箱,貯金箱,お守り,おみくじ,壺
24 織物,布製身の回り品,敷布,布団,布団カバー,布団側,まくらカバー,毛布,布巾,のぼり及び旗(紙製のものを除く。),織物製椅子カバー,織物製壁掛け,テーブル掛け,手拭い,風呂敷,ハンカチ,タオル,さらしの不織布,さらしの織物(畳べり地を除く。)
25 被服,帯,外套,履物,仮装用衣服,寝巻き,下着,靴下,手袋,帽子,ガーター,靴下止め,ズボンつり,バンド,ベルト,運動用特殊衣服,運動用特殊靴,和服,ふんどし,足袋,わらじ,手甲,脚絆
29 乳製品,肉製品,加工水産物,加工野菜及び加工果実,食用油脂,カレー・シチュー又はスープのもと,お茶漬けのり,ふりかけ
30 茶,菓子,調味料,香辛料,寿司,弁当,コーヒー及びココア,穀物の加工品
32 飲料水,清涼飲料,果実飲料,野菜飲料,乳清飲料
33 清酒,焼酎,果実酒,薬味酒,蒸留酒

これだけあれば、関連商品をなんでも生み出せますよ。

あとは、不使用商標にならないように、せっせとキャラクター商品の企画開発に取り組み続けるだけです。

 

現在、鬼姫狂の紋章と屋号でネットショップ自体の商標権化をするために小売商標の出願をしていますが、小売商標は審査が厳しいのか拒絶査定を出されてしまいました。
直営ネットショップは鬼姫狂の構想の根幹なので、なんとか審査を通すために、「鬼神童女遊侠伝」の広範囲な指定区分を根拠に意見書を提出して、再審査待ちをしています。
将来的に、ネットショップ部分の運営は代行業者に委託することを考えたとしても、小売商標の取得は法律上の権利を保護するために重要です。
ここは、特許庁の審査官には理解してもらいたいところ。

 

商標権の出願や、補正書・意見書の提出は、一般的には弁理士さんに頼むことが多いそうです。
ただ、私は弁理士報酬を払う余裕などないので、創作活動家として自分の権利を自分で理解するために、あえて自分で独学でやり続けています。
さすがに法廷に絡んでしまえば法律の専門家頼りでしょうが、「鬼神童女遊侠伝」シリーズを日本で一番理解しているのは生みの親である私なので、私以上の専門家はいないのです。
知的財産権についてしっかりと学んでいるクリエイターは大学の専門学科を出ていても意外といないので、知財に関わる知識を持ち、自ら実践しているのは、私の強みなのではないかと思っています。

 

いつか「鬼神童女遊侠伝」シリーズが「埼玉の水戸黄門」と呼ばれる時代がくることを願い、埼玉を鬼の国に育て上げるのが鬼姫狂総本部の使命です。
埼玉を、「日本で一番かわいい鬼神様」のお膝元にするのが私の生涯の夢です。

来年、1月13日で32歳になります。
次男だからずっと実家暮らしすることはできないので、将来に結婚することを考えても、家をどうするかという現実的な問題もあります。
なので、土地の安い田舎に鬼姫御殿を建てることを目指して、鬼姫狂総本部の成功のために奮闘する30代にしたいですね。