【映画制作】小道具作り11薙刀鉄斧刃付け

どうも、同人結社創作信仰鬼姫狂総本部(通称・鬼姫狂)代表の秋元惟史(作家名義・民富田智明)です。

実写映画「鬼神童女遊侠伝/まさかり担いだ熊男」(仮)の小道具制作が進んでいます。

今回の作業内容は、お凜様専用薙刀と熊男専用鉄斧の刃付けを中心に、彩色、ニス塗り、関節部試作です。

作業結果は、以下の写真の通りです。

まず、熊男の鉄斧ですが、柄の部分を作り直し、刀の材料の余りの薄い板3枚を使って、刃先を真ん中に挟み込む構造にしました。

柄に使った薄い板が厚さ6ミリで、刃先の板が厚さ4ミリだったので、そのまま挟んだだけだと2ミリの隙間が空いてしまいます。

なので、柄を重ね貼りするときに、刃先の部分に木工パテを塗り込んで硬化を待ち、そこにボンドを注入して接着する方法を取りました。

がちがちに固まったので、思いっきり大振りできます。

鉄斧の彩色にあたって、猟奇的な雰囲気を強調するために、血が固着しているような感じに赤をすり込んでいます。

これぞ悪役の武器。

これを持って道端を歩いていれば通報されるレベルですね。

映画本編では、前座の「人間狩りin鳥取」の場面で一人、本題の冒頭場面で一人(私が演じます)、この鉄斧で惨殺する予定です。

お凜様は助けないのかって?
いやあ、お凜様は子供たちを守る子供の神様ですから、少年少女の助けを呼ぶ声しか聞き取れないのですよ。
大人を見殺しにするわけではないですが、そもそも聞き取れないのです。
そういうことにしておかないと、お話の中で犠牲者を出せないですからね。
殺人場面が描けないと、悪役を悪役らしくできません。
犠牲者役は必要なのです。

さて、薙刀に話題は変わりまして、刃付けはすんなりうまくいったのですが、関節の処理がうまくいかず、接着剤がなかなか硬化しなかったり、ボルトが斜めったりして、完成とはいえない状況です。

薙刀は長柄武器なので、そのままだと長すぎて室内での取り回しや車内への積み込みに不便であり、ねじ込みの関節を設けた組み立て式にしようと思いました。

上の部品を組み立てると、下のような薙刀になります。

ぱっと見では何も問題ないようですが、実は関節部が歪んでしまい、柄の軸が折れ曲がっています。

しかも、組み立ててみると関節部にぐらつきがあり、遠心力をかけて思い切り薙ぎ払うとぽきっと折れてしまうのではないかという不安があります。

刃先の接続は安定しているのですが、この試作品だと柄の接続が不安定なので、実際の殺陣で荷重に耐えられるのかどうか確信が持てません。

あと、作っているときは気にならなかったのですが、薙刀の刃先の長さが物足りないと思いまして、この2倍くらいの刃にした方が見栄えが良くなるのではないかと。
反りもないので、槍との区別がつきにくいですし。

なので、薙刀については、材料を買い足して、もう一本作り直すことを検討しています。

もしかしたら、ボルトと長ナットを埋め込む方法以上に安定感があって簡単な関節部品があるかもしれないので、工作材料の金具を調べてみます。

アクションなので、事故防止のためにも武器の安定性には気を使います、

薙刀の試行錯誤に並行して、次は、お凜様の瓢箪水筒(演技用の注水機構付き)と、耳飾り首飾りの制作に移行していきます。

5月になるまでに、小道具類は一通り完成させたいです。

機材はあらかたそろえてしまったので、役者の出演料を除いて、最低限必要なのは、後は衣装の生地くらいです。

出費の峠は越えたので、コツコツと貯金を回復させながら美術制作を続けていきます。

その時歴史が動いた 2019年 伯州米子の会合

どうも、同人結社創作信仰鬼姫狂総本部(通称・鬼姫狂)代表の秋元惟史(作家名義・民富田智明)です。

実写映画「鬼神童女遊侠伝/まさかり担いだ熊男」(仮)の企画始動につき、私が東京工芸大学芸術学部映像学科に進んだ19歳の頃からネット上でご縁のある鳥取のクリエイター谷山龍氏とコラボの話を進めており、休日に予定を合わせて、直接、彼の拠点である鳥取県米子市に訪問してきました。

谷山龍氏は、出身は鳥取県境港市で、「ゲゲゲの鬼太郎」の水木しげる先生のお膝下で育った影響で、生粋の妖怪伝承好きであります。
私と同じく、アクション・ホラー映画大好き野郎であり、同い年でもあります。

彼は、十代の頃、大阪ビジュアルアーツという映画専門学校に通っていまして、 ファイル共有ソフトWINNYを通じて出回っていた謎の自主制作映画「ジャッカル」 に感化された「月光戦士シルバームーン」という自主制作映画を作っており、当時はルドルフ227というハンドルネームで活動していました。

彼と知り合ったきっかけは、当結社の前身である趣味サイト「悪鬼電影有限公司」運営時代に、「ジャッカル」のファンであるという共通点から、彼の運営していた「シルバームーン」公式サイトの掲示板に私から書き込みをしたことにあります。

その後、SNSのミクシィでつながり、趣味や価値観があらゆる面で通じ合うことから、地理的に離れていて一度も会ったことがないながらも「彼が同じ大学にいたら絶対に友達になっていたはず」と、親しみを覚えていました。

そのため、今回、実写映画への挑戦を機に、彼と直接お会いした上で、前座として鳥取ロケの場面を請けていただくという形で手を組むことを打診したのです。

打診の結果、二つ返事で承諾いただきました。

今回、谷山龍氏だけでなく、彼の制作した「現代妖怪伝」2部作や最新作「都会のクマさん」に出演していたお身内の役者、伊藤弘昭氏、大上けんと氏ともご縁をつなげたいと思い、総勢4人で会合することになりました。

地元にまったくつてがないのに、いきなり鳥取に乗り込んで初対面の人と会うのですから、とんでもない飛躍です。

谷山龍氏とはネットで知り合ってからかれこれ15年目なのですが、一度も会ったことはないので、本当にどんな人なのかはわからないままだったので、かなり緊張しました。
彼も、極度の人見知りでコミュ障と自身で言っていたので、かなり緊張したんじゃないでしょうか。

ネットが当たり前になる以前は、会ったことのない人とメッセージのやり取りをするなんて危険だと警戒され、親から注意されたりする時代がありました。
しかし、よく考えると、連絡手段や移動手段の乏しい江戸時代までは、会ったことのない諸国の諸将と文通のみで交流していたなんてことは外交として当たり前だったのです。
なので、ネット上の書き込みのやり取りというのは、意外と古典的な手法だったのかもしれません。

実際に会ってみたら、私と同じで、見事なまでに人見知りでコミュ障な方でした。
「ちょっとずつ打ち解けていければ」ということで、お互いにマイペースでいれたので、かえって安心しました。

伊藤弘昭氏、大上けんと氏も、完全にこっち寄りの趣味価値観を持つ方々で、元いじめられっ子だったり、非リア充経験があったり、芽が出ない状況が続いていたりで、相互に共感し合いました。

小さい頃に好きだった映画や漫画、アニメ、ゲームの話題で盛り上がり、アクションやホラーなどの娯楽作品が映画学校や映画祭で評価されにくい現状への違和感を語ったり、一緒に映画を作れる仲間を見つけることの難しさを語ったりなどして、有意義な時間を過ごせました。

「『沈黙の戦艦』のトミー・リー・ジョーンズ」で通じ合える人たちが、悪い人なはずがありません。

その場で意気投合し、「これからもちょくちょく会うような付き合いにしていきましょう」と、打ち解けて解散になりました。

この瞬間、「都会のクマさん」メンバーである谷山龍氏、伊藤弘昭氏、大上けんと氏の3名が「鬼神童女遊侠伝/まさかり担いだ熊男」の前座である「人間狩りin鳥取」の場面を担当することが確定しました。

ネットでつながりがあったとはいえ、リアルでは初めて会う谷山氏やその仲間と直接会って、微妙な空気になったらどうしようかと不安もあったのですが、「クリエイティブな活動をしているけど無名なまま埋もれている」という共通の悩みがあったので、本当に理解し合えました。

まだ地元につてがなく、実写映画化にあたって、ゼロからヒロインやスーツアクターになりたい人を発掘しなければならないのですが、鳥取に住む初対面の方と意気投合できたのですから、埼玉に住む初対面の方と意気投合できないはずがありません。

埼玉には、「米子映画事変」のような地域密着の映画イベントもないので、とっかかりがなくて悩んでいる俳優志望者が埋もれているはずです。

なので、当結社が「鬼神童女遊侠伝」シリーズの実写映画化を目的に立ち上げる直属の俳優養成機関「映像演技武術研究会」を通じて、埼玉県西部で埋もれたままになっている俳優志望者の技術習得の場を整備し、県内外にローカルスターとして輩出できるようになっていきたいです。

下は、お店に行く際、車を置いておくために使った米子市内の夜のパチンコ屋の駐車場で撮った記念写真。

左から、谷山龍氏、大上けんと氏、伊藤弘昭氏。

平成31年(2019)4月11日、伯州米子の会合は、鬼姫狂史において重要な出来事となります。
人類にとっては小さな一歩ですが、私にとっては大きな飛躍です。

孤独に映像紙芝居をやっていた頃は、リアル人脈など一人もいませんでした。

絵が下手だろうが、台詞棒読みだろうが、何から何まで自分で挑みました。

今見ると、原作の映像紙芝居は本当に稚拙なのですが、クリエイターは、みんなそういう稚拙な処女作を乗り越えて上達していきます。

今回の「鬼神童女遊侠伝」は、生身の役者が演じる実写映画です。

本物の映画を目指すのです。

クリエイターは、みんな、関わりのない他人からバカにされ、否定される経験があります。
しかし、そういう悪口を言う人に限って、自分では何も創造できない人だったりするのです。

鳥取で意気投合した3人は、まだ世間的には無名だし、売れていないし、いわれもない悪口も受けています。

しかし、それぞれの工夫で、創造的な何かを生み出しているのです。

私は、このようなちゃんとした創造的な人たちと仲良くなっていきたいですね

北海道函館の友人や母親をはじめ、確実に私の理解者はいますので、会社員に向かない内向型の人見知りのコミュ障でも社会的成功を得られると信じて、鬼姫狂ブランドを育て続けます。

【作品紹介】

「月光戦士シルバームーン 第1話 都会のクマさん」(監督 ルドルフ227 出演 ルドルフ227、オセロット114)

「都会のクマさん」(監督 谷山龍 出演 谷山龍、伊藤弘昭、大上けんと)

「現代妖怪伝/魔窟のマーメイド」 (監督 谷山龍 出演 谷山龍、伊藤弘昭)

「現代妖怪伝/羅刹のデスマスク」 (監督 谷山龍 出演 有村あるる、谷山龍、伊藤弘昭、大上けんと)

「Xroad -クロスロード-」(監督 大上けんと 出演 大上けんと、谷山龍、伊藤弘昭)

「鬼神童女遊侠伝/うどん屋にたかる大狐」(監督 民富田智明 AKIRA、岡松丈、更科真都)

「鬼神童女遊侠伝/生娘を狩る大狸」(監督 民富田智明 出演 AKIRA、佐倉みちる、ケント、櫻井智夜、西園寺皇刀)

谷山龍氏公式サイト・ユーチューブチャンネル

http://taniyama.iaigiri.com/

https://www.youtube.com/user/rudo227/featured

大上けんと氏ユーチューブチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UC4TFrNy5x7i6zKmliEFgVhg/featured

伊藤弘昭氏ユーチューブチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UC96IX3aptO4K0J0NxHnvywA/featured

【映画制作】小道具作り10打刀銀貼り・鍔穴切り抜き・柄巻試作・角かつら用ウィッグ開封

どうも、同人結社創作信仰鬼姫狂総本部(通称・鬼姫狂)代表の秋元惟史(作家名義・民富田智明)です。

実写映画「鬼神童女遊侠伝/まさかり担いだ熊男」(仮)の小道具制作が進んでいます。

今回の作業は、打刀の銀貼りと鍔穴切り抜きと柄巻試作となります。

銀貼りのためのアルミテープが足りなそうだったので、午前中に地元のケイオーデイツーまで買い足しに行き、夕方まで黙々と作業していました。

で、銀貼り後の刀身が以下の写真です。


ベッドの上なので生活感が凄まじいですが、銀貼りによって小道具の木製刀剣が刃物らしく見えるようになりました。

前回、刀身をディスクグラインダーでゴリゴリ薄く削ったので、鞘にもすっぽり納まります。

銀貼りの後、刀に取り付ける鍔の穴の切り抜きをしました。

切り抜きをした鍔が次の写真です。

目分量で穴の切り抜きをしたので、刀身に挿入してみると隙間がかなり空いていましたが、ボンドと穴埋めパテでごまかそうと思います。

これで鍔の組み込みの準備は整いましたが、鍔をつけると刀身が出っ張って作業しにくいので、鍔つけは最後に回します。

小道具の刀剣制作もいよいよ佳境です。

上の写真にもある通り、柄巻の試作を始めています。

が、巻き付け方は覚えると単純なものでしたが、紐の締め付け方がよくわからず、通し穴に仮留めで紐を通したところで中断しました。

不慣れな柄巻なので、日本刀の柄の象徴であるひし形模様がいびつになってしまいました(紐の太さの問題もあるでしょう)が、それなりに刀っぽくなってきたと思います。

柄巻を6本分終えるころには、紐の締め方には慣れているでしょう。

柄巻が終わったら、刀身を鞘に留めるための金具である「はばき」の表現をして、鍔をつけて、刀作りを完成させます。

「はばき」は、工作用の薄い金板を貼り付けて、透明のテープで厚み調整をする方法が一番かなと考えています。

あと、主役のお凜様を演じるための角かつらを作るためのウィッグを開封しました。


ダイソーで買った仮面制作用のダミーヘッドにウィッグを乗せたらこんな印象になりました。

完全にホラーですね。

お凜様は、二次元だともっと明るい栗金団みたいな髪色なのですが、あれはヒロイン性を強調するために目立たせる意味で明るい色にしているだけであって、三次元の場合は、現実的に不自然のない程度の栗色髪をイメージしています。

今でこそ、女性の茶髪は当たり前になってきた感がありますが、日本人は黒髪が自然であり、茶髪は自然ではありません。

だからこそ、超自然的な存在であるお凜様を際立たせるためには、髪の色で差別化をすることに説得力があります。

周りが自然な黒髪だらけだからこそ、その中で栗色の髪を持つお凜様には特別なオーラがあるのです。

このウィッグの下にカチューシャを仕込んで、立派な二本角を生やします。

お凜様の二本角は、三度笠から貫通して突き出ていますので、笠越しでも角がずれないようにする工夫が必要ですね。

お凜様の角かつらを作る準備もできたので、刀作りが終わったら、お凜様の衣装と専用小道具(首飾り耳飾り、瓢箪水筒、竹笛)に手をつけていこうと思います。

で、役者集めについても、一番重要な主役のお凜様を演じてくれる女の子(子供役、大人役の一人ずつ)を発掘することを最優先にしていきます。

牙吉さん、飛丸さん、妖賊の衣装制作には手間と資金がかかるので、まずはお凜様だけでも準備を終えてしまい、本編に着手する前のパイロット版としてお凜様の演武動画を発表しようと考えています。

小道具も衣装も、お金はかかりますが、コツコツと取り組んでいけばいつかは終わります。

一番大変なのは、役者集めです。

ましてや、ヒロインアクションなので、殺陣に興味のある女の子を引っ張ってこないといけません。

ご当地映画なので、基本的に役者は地元から発掘するつもりですが、お凜様に相応しい女の子が1人くらいは見つかるはずだと信じていますので、募集の算段を練っていきます。

【映画制作】小道具制作9薙刀ニス塗り、ボルト穴開け、打刀下緒締め付け、銀貼り

どうも、同人結社創作信仰鬼姫狂総本部(通称・鬼姫狂)代表の秋元惟史(作家名義・民富田智明)です。

実写映画「鬼神童女遊侠伝/まさかり担いだ熊男」(仮)の小道具制作が進んでいます。

今回は、お凜様専用薙刀のニス塗りと間接部及び刀身装着部のボルト穴開け、打刀の下緒締め付けと刀身の銀貼りをやりました。

ボルト穴開けと下げ緒締め付けは難なくやれましたが、刀身の銀貼りが大失敗でした。

刀身の2本分、そのままアルミテープを貼り込んで鞘に突っ込んでみたら、アルミテープの厚みのせいで、刀身が鞘の中で詰まってしまい、ものすごく力を込めないと抜けなくなってしまいました。

これはいかんと思い、アルミテープ貼りを断念して、急きょホームセンターで銀色の工作用塗料を買ってきたのですが、塗ってみたら木材に色がうまく乗らず、まったく刃物の質感が出ませんでした。

塗料で銀色に塗る方法がだめだったので、結局、一番手間のかかる方法で、木材の削り込みをやることに。

12時半くらいから庭に出て、途中1時間くらい昼食をはさみつつ、ディスクグラインダーで延々と刀身が薄くなるまで削り込みをし、まき散らされたおがくずの掃除を含めて、4時半くらいまでかかってしまいました。

ちょっと気持ち心細くなるほどに削ったので、銀貼りをして鞘に詰まるようなことはないと思いますが、今度は強度の面で不安ですね。

まあ、実際の撮影で強い受け太刀をしないような殺陣を工夫すればいいのですが。

頭の中のアイディアを具現化してみたら思ったようにいかないなんてことはざらにありますので、初めての本格的実写映画なんて、とんとん拍子でうまくいく方がおかしいのです。

最終的に、映画として面白いものになるのならば、小道具での失敗なんて大したことではありません。

キャラクタービジネスは趣味性の強い分野なので、好みの問題はあるにせよ、「鬼神童女遊侠伝」シリーズは「ファンタジー、ロリコン、アクション」の3属性に注力したコンテンツとして確固たる信念があるので、多少の粗なんてぶっ飛ばすほどのエネルギーが満ちていると自負しています。

「ファンタジー、ロリコン、アクション」に興味のない人からすれば何の価値もない人生の無駄遣いのように思えるかもしれませんが、私と似たような感性の人だって、この世には少なからずいるはずなのですから、その人たちのために、私はこの実写映画化に挑戦し続けます。

まだまだ潜伏期間が続きますが、「武州鬼姫信仰」の世界観は、100年先でも通用する普遍性の高い魅力を込めていきたいですね。

次回は、打刀、薙刀、鉄斧の銀貼りと、薙刀のボルト・ナット埋め、打刀の柄巻をやっていく予定です。

【映画制作】小道具作り8刀剣柄鞘ニス塗り、刃先切り出し

どうも、同人結社創作信仰鬼姫狂総本部(通称・鬼姫狂)代表の秋元惟史(作家名義・民富田智明)です。

実写映画「鬼神童女遊侠伝/まさかり担いだ熊男」(仮)に使う小道具の刀剣制作が進んでいます。

本日の作業は、お凜様専用薙刀と熊男専用鉄斧の刃先の切り出しと、刀剣の柄及び鞘のニス塗りです。

以下の写真では判別つきにくいですが、朱塗りの薙刀の柄と、切り出した薙刀と鉄斧の刃先を除いて、ほとんどの部品にニス塗りをしてあります。

ニス塗りによって塗装を保護し、持ち手の摩擦によって色落ちすることをある程度防止できます。

この手作りの武器を見て、「こんなの小学生の図工レベルじゃん、だっせえ!」という人は、是非ともあり合わせの材料だけで自分で工夫して武器を作ってみてください。

小学生レベルの武器ですら、実際にやってみるとお金と手間暇がかかることがよくわかります。

小学生のレベルも、奥が深いものです。
それこそ、小学校の先生は一生小学生レベルに従事しているわけですから、馬鹿になどできないのです。

今日の作業でニス塗りをあらかたやったので、次は刃先の銀貼りと、柄巻と下緒の締め付けをやっていきます。
鍔の穴開けと組み込みは最後にやります。
柄巻と下緒を締めれば、それなりに見えてくるでしょう。

武器作りが終われば、いよいよ衣装制作に踏み込みます。

ソーイングの基本書は一冊買い込んでいるので、人形劇団時代の裁縫の経験を応用させて、お凜様の紅白装束から手をつけていきます。
牙吉さんや飛丸さん、妖賊の仮面と毛皮は服よりも難度が高いので、まずは全員分の服を仕立てるのを目指していきます。

右翼や左翼の活動家も、意外と街宣旗などは自分でミシンを使って手作りするそうなので、裁縫の習得は必須でしょう。

小学校の図工や家庭科の延長線上で、映像演劇の美術制作の大部分は実現できます。

世代が違うので本編は見たことないのですが、「鬼神童女遊侠伝」で目指しているのは、「怪傑ライオン丸」のノリです。

こういう、手作り感あふれる着ぐるみヒーローが大好きなのです。

なので、実写版「鬼神童女遊侠伝」を叩くということは、偉大なる先行ヒーロー作品を叩くことにもなるので、叩くなりの見識は必要になってくるでしょう。

「ライオン丸」のDVDボックス欲しい……。

あと、話は変わりますが、川越の紀伊国屋で「不正競争防止法」「はじめて学ぶ独占禁止法」「製造も広告担当者も知っておきたい景品表示法対応ハンドブック」という法律基本書を買ってきました。
埼玉県狭山市発祥のキャラクタービジネスの元締めを目指すには、法律の勉強も大事なので、こつこつと読み込んでいきます。