沖縄で首里城攻めしてきた

どうも、同人結社創作信仰鬼姫狂総本部 代表の秋元惟史(作家名義・民富田智明)です。

休日を使って、見聞を広げるために沖縄に行ってきました。
弾丸旅行なのであれこれと欲は出せないので、「首里城に行く」「特産の珍しいものを食べる」の二つがテーマでした。

仕事明けの早朝5時24分狭山市発の電車に乗って羽田空港に向かい、8時15分発のスカイマークで那覇空港に飛び立ちました。

個人旅行で飛行機に乗ったのは、これで人生三度目です。

一度目は、映像学科時代、北海道東海大に入学した中高時代の友人の誘いで北海道旅行に参加したとき。
二度目は、心理学科時代、福岡空港を起点として一人で九州一周旅行をしたとき。
そして、今回が三度目です。

空港での搭乗手続きにまだ慣れていないため、リュックの中の筆記用具にカッターナイフが入っていて手荷物検査で引っかかって手こずったりしましたが、自分でもカッターが入っているのを把握していなかったので呼び止められたときは焦りましたね。
まあ、刃物といっても文房具なので、筆記用具だけ手荷物として預ければよくて、凶器とみなされて閉め出されることはありませんでした。

飛行機が離陸して機体がガタガタ揺れ出し、落ちるんじゃないかと心配するのですが、落ちることもなく那覇空港に向かいました。
あの離陸して上昇していくときの揺れ、どうにかなりませんかね、すごく不安をあおるのですが。
上空からの景観を期待して窓際席を取ったのですが、沖縄航路は日本列島から逸れているのか、雲と海面しか見えませんでした。
福岡空港行きの景観は瀬戸内海がきれいに見えたんですけど、那覇空港行きは島ひとつない太平洋なのであまり面白さもなく、すぐさま仮眠しました。

那覇空港に到着して、まずは展望ラウンジに行って空港の様子を撮影。
その後、そそくさとモノレール駅に向かい、一直線で首里城を目指しました。

那覇空港の様子

不発弾の機内持ち込みの禁止を呼びかけるポスター。
こんなの沖縄でしか見られません。

モノレール那覇空港駅の様子

空港から首里までモノレールで30分ちょっとで行けます。
首里が終点で、現在唯一の鉄道ということです。
延伸計画はあるようなので、将来的には沖縄本島を縦断できるようになるのでしょうかね。

モノレール首里駅の様子

不発弾処理に伴う運行休止のお知らせ。
こんなの沖縄でしかありえません。

さっそく、首里駅から歩いて首里城攻めの行軍を開始しました。

入城路の石垣が始まりました。

謎の祠。

ハブ注意。
これぞ沖縄。

石垣沿いを歩いていきます。
那覇市内を一望できます。

城門が見えてきました。
この門は出口なので、入り口側に回ります。


表門

門を守るようにシーサーが立ってます。

あいにくと曇り空。

城門をくぐり抜けて、復元された正殿に踏み込みます。


鐘楼

日時計


琉球舞踊の上演をしていました。

正殿内の御庭
ガイドブックにも載っている首里城で一番有名な場所ですね。
直後、修学旅行生がごった返しまして、我が物顔で占拠しだしたので、一般客の私はそそくさと内部見学に移行しました。

正殿内部

王冠と王の間

 

奥書院・庭園

正殿見学を終えると売店があったので、「新訂ジュニア版 琉球・沖縄史」という本を見つけて衝動買いしました。
中学生以上向けに書かれた教科書という体裁なのですが、本土ではお目にかかれないマニアックな内容なので、フルカラー写真イラスト満載なのもあり、十分に読みごたえがあります。
沖縄って、明治までは琉球王国という外国だったわけで、本土の公教育を受けているだけだと表面的なこと以外は何もわからなかったりするもんです。
高校日本史でも、琉球史について中身薄いですし。
なので、これはいい買い物でした。

正殿を出たら、まだ見ていない方面の石垣を見ていきます。

途中、ヘリが横切ったのを見つけたので激写。
自衛隊かな?

石垣を見た後、レストハウスに入ってお昼ごはん。
沖縄そばとシークワーサージュースです。

レストハウスには中国人団体客がごった返していて、座席を勝手に移動させるわ、汁が一杯こぼれていてべとついているわ、ごみなどをまき散らすわで、一般客の迷惑など知ったこっちゃない感じでしたね。


定番の顔出しパネル

シーサーの頭の展示

休憩後、王族の霊廟と池に向かいました。

園比屋武御嶽石門

王族の菩提寺、円覚寺跡

日本軍地下壕跡

龍潭

変な鳥がたくさんいました。
全然逃げません。

沖縄県師範学校跡

王族の陵墓・玉陵

首里城攻めを終え、駅への帰り道にシーサーの乗った公文を発見。
どこにでもシーサーがいるのが沖縄ですね。

夕方近くなったので、首里駅からホテルの最寄である旭橋駅に直行し、ホテルに向かいました。

旭橋駅の様子

メインストリート

ホテルまでの途中、幽霊屋敷のような古めかしい老人ホームを発見。
これが、現代の姨捨山か。
絶対住みたくないです。

謎の学園祭ポスターを発見。
漫画絵描きなので、こういうの、ついつい見入ってしまいます。

宿泊先のホテル、実際に行ってみたらかなり立派でした。

沖縄は本土よりも日が長いのか、5時過ぎても明るかったので、裏手にある海岸を散策してみました。

対岸が那覇空港でした。

沖縄といえば海という印象ですが、今回は時間の都合で首里城攻めしかできなかったので、海遊びはおあずけです。
まあ、冬ですし。

ホテルは海沿いですけど、埠頭であって砂浜ではないので、突如現れた水着美少女との運命的な出会いなどというラノベのような展開はありません。

水着美少女はいませんが、その代わり、海岸線で果し合いをしている野良猫たちと遭遇しました。

猫の目が光ってます。
木の上に別の猫がいて、にらみ合ってます。

さらに、第三勢力の出現。

「仁義なき猫たち/沖縄死闘編」と題します。

ホテルで風呂に入り、夕食の沖縄料理膳を楽しんだ後、居酒屋に繰り出して、ネットで調べておいた最寄り駅に近い「めんそーれ」という店で「ウミヘビのスープ」を食べてきました。

うろこ模様が蛇ですね。
味はすっぽんのスープのように、あっさりとした上品な感じ。
琉球王朝が客をもてなすために提供したという薬膳料理だそうです。
2,500円
高いですが、沖縄でしか食べられないので、ここは経験料です。

本当は、ネットで調べていた100グラム1000円というヤシガニも食べたかったのですが、500グラムが注文の最小単位とのことで、予算オーバーな上に夕食後で食べきれません。
なので、諦めました。

翌日、朝食バイキングを済ませた後、そのままモノレールに乗って沖縄屈指の繁華街「国際通り」に向かいました。
戦後、真っ先に復興を成し遂げた通りだそうです。
つまり、元闇市ってことですね。
実際、裏通りはごちゃごちゃしていました。

町のシンボルという巨大シーサー

観光案内所の入居するビルに、謎のご当地萌えキャラが大画面で踊っていました。
誰も見ていないのが悲しい。

那覇市第一牧志公設市場

沖縄の名産がたくさん手に入るお土産の名所です。
周りはごちゃごちゃした狭いアーケード商店街で、いかにも戦後の闇市から発展した空気が残っています。

この市場で、沖縄でしか手に入らないであろう「豚の顔の皮の燻製」と「南洋の青い魚」を買い、宅急便で自宅に発送する手配をしました。

ちなみに、昨日冷凍便で届いた青い魚「イラブチャー」です。

市場では、まず本土では売ってないような、見たこともない巨大な貝とか、海老とか、蟹がごちゃごちゃ置いてありました。
その中に、虫かごの中にドンと鎮座している「ヤシガニ」がいました。
値段すら書いていないのですが、宅急便で送れるかどうか尋ねたところ、「危険物になるから無理」とのこと。
ズワイやタラバなら普通に送れるのに、ヤシガニはダメなんですね。
一般的なカニとは違う陸上甲殻類だから食品扱いされないのかね。
せっかく沖縄に来たのに、がっかりでした。

 

市場を出て、那覇空港に向かい、ローカルハンバーガーショップ「A&W」でお昼ご飯を食べて、お土産を物色し、帰路につきました。

ローカルハンバーガーショップ
そこまで美味しいというわけでもなく、まあ、当たり前なハンバーガーでした。

今回、念願の首里城攻めを果たして有意義な沖縄旅行となりましたが、弾丸旅行のために、海や、郊外の城址巡りや、ひめゆりの塔などの戦跡巡りはできませんでした。

市場のおばちゃんに「沖縄きて海行ってないの~?」と突っ込まれたくらいなので、大多数の沖縄旅行者の目的は海なのでしょう。
私は史跡巡りがいつもの旅行の中心で、首里さえ行ければ満足だったのですが、やはり南国といえばきれいな海を見たいのも当然なので、片手落ちではあるかもしれません。

これで、沖縄への行き方は覚えたので、またの機会があれば、沖縄本島一周などをしてみたいものです。

 

余談ですが、モノレール駅の壁面広告で、琉球を舞台にした時代物の少女漫画「琉球のユウナ」というものがプッシュされていました。

まあ、典型的なイケメン王子に見初められた少女のラブロマンスという作品なのですが、お試しを読んだらヒロインがものすごく好みでかわいかったので、購入しようと思ってます。


「暁のヨナ」といい、白泉社系は時代物が需要あるのでしょうかね。

この手の歴史ロマンあふれる作品なら、甘い恋愛物でも好きです。

 

私の「鬼神童女遊侠伝」も、うまくやれば女性受け狙えそうな気がするんですけどねえ。

江戸城(皇居)を見学して、新宿紀伊国屋で民俗系の資料本を買ってきました。

どうも、同人結社創作信仰鬼姫狂総本部 代表の秋元惟史(作家名義・民富田智明)です。

久しぶりに東京の大型書店まで資料用の専門書を買いに行きたいと思いまして、電車でお出かけしてきました。
それで、よく考えると一度も江戸城(皇居)に行ったことがなかったので、桜田門から一通り散策してきました。
現在、世を忍ぶ仮の姿として道路を走り回る職業に就いている(職種や所属企業は伏せておきます)のですが、たまに江戸城周辺まで行くこともあり、そのうちちゃんと見学に行きたいと思っていたのです。

散策ルートは、有楽町線桜田門駅から皇居正門、坂下門を経て、東御苑に入り、本丸跡や天守台を抜けて、東西線竹橋駅に向かう、という形にしました。

めちゃくちゃ暑かったですけど、皇宮警察の詰め所でずっと立っている方々などを見て、熱中症で倒れないかどうか心配しつつ、外国人旅行者の多さに、「日本史上最大にして最後の征夷大将軍の居城」であり、「皇居」であるという、江戸城の存在感を再認識しました。

歴史愛好家なのに、意外と行かないんですよね、東京の史跡というのは。
東京は無機質なビルが立ち並ぶ人ゴミだらけの都会で、政治経済の中心地という印象なので、観光地という認識がないのです。
田舎のほうが好きですし。

電車で一時間も乗れば都心に出られるのですが、行く理由がなければ面倒くさいので行きません。
なので、あえて行こうと思わないと、江戸城見学は灯台下暗しのままでした。

外堀

意外と汚かったです。

桜田門

本丸跡

天守台

坂下門

皇居正門

 

石橋

東御苑

その他

江戸城は天守閣がないので、お城というよりも皇居の印象のほうが強くなっていますが、実際に歩いて回ってみると、石垣と堀の総構えの威容が肌で感じられ、ここに徳川将軍が住んでいたのだという事実に思いをはせるしかありませんでした。

 

江戸城散策を終えた後、東西線高田馬場経由で西武新宿まで行き、紀伊国屋に寄って資料用の専門書を物色しました。

入手した本は、以下の通りです。

「新版民俗調査ハンドブック」上野和男・高桑守史・福田アジオ・宮田登編 吉川弘文館

「歴史の中の家族と結婚」服藤早苗監修・伊集院葉子・栗山圭子・長島淳子・石崎昇子・浅野富美枝著 森話社

「日本民家のつくりと農山村文化」粟野圭司 奈良新聞社

3冊合わせて6,000円くらいのところ、紀伊国屋ポイントが1500くらいたまっていたので、ポイントを全部消化して4500円くらいになりました。

川越の紀伊国屋でしょっちゅう本を買うので、気が付くとポイントがたまっているという。

あと、前の休みの日にこんな本も買ってきました。

「『霊魂』を探して」 鵜飼秀徳 角川書店

「悩み事に振りまわされない『生活禅』の作法」枡野俊明 悟空出版

「映画秘宝EX 闘うヒロイン大図鑑」洋泉社MOOK

1か月のお給料のうち、書籍購入費がかなりあります。

買ったまま積読状態のものもあるのですが、本は、欲しいと思った時に買っておかないと二度と見つからないことも多いので、特に専門書の場合は見つけ次第買うようにしています。

景勝地や史跡の実地訪問と書籍の通読が積み重なることで、それが養分となり、空想時代劇「鬼神童女遊侠伝」シリーズはじわじわと成長していくのです。

創作活動のための引き出し拡張は、永遠に続くのです。

埼玉県立こども動物自然公園に行ってきた

どうも、同人結社創作信仰鬼姫狂総本部 代表の秋元惟史(作家名義・民富田智明)です。

休みなので、心の癒しを求めつつ感性を養うために、午前中(9時過ぎ出発、10時過ぎ入場、12時過ぎ退場、13時過ぎ帰宅)を使って動物園に行ってきました。

行ったのは、埼玉県は東松山市高坂にある「県立こども動物自然公園」です。

幼稚園や小学校低学年の頃に、家族とまたは遠足で何度か行きましたが、自分で行ったのは初めてです。
20年以上ぶりですね。

「鬼神童女遊侠伝」シリーズで山狗と山鴉がお凜様のお供だったり、悪役が獣人だったりするのでわかると思いますが、民富田智明は動物が好きです。

小学生になった直後に、裏の家のボルゾイが道路に出てきて、集合場所に向かっていた私を後ろから追いかけてきて前足で腰を引っかかれかけたという恐怖体験をしているので、長らく犬恐怖症だった時期もありますが……。

余談ですが、ボルゾイとは、ロシア貴族がオオカミ狩りに使っていた大型猟犬です。
ボルゾイとしてはじゃれているつもりなのかもしれませんが、小学一年生の体格では、怪獣の如き恐怖でしかありません。
あまりに怖くて気が動転してしまい、家に逃げ帰ることも思いつかないまま、泣きながら走って学校に行ってしまいました。
ケガはなかったのですが、今思えば、親に泣きついていれば被害者として慰謝料を取れたかもしれませんね。

人間は弱く、突然襲われると何も抵抗できません。

かつては犬恐怖症でしたが、自分の成長に伴い犬の方が小さくなってきたので、よほどの大型種でもない限りは犬への恐怖感は薄れています。

なので、今の民富田智明にとって、襲ってこない限りは、動物を間近で見るのは心の癒しとなります。

 

動物園や、動物が活躍する創作物は、どこか「子供向け」という印象が強調されていますが、大人になっても動物が好きなのは恥ずかしいことでも何でもないでしょう。

それこそ、動物学者なんて動物に一生を捧げていますし。
動物園や水族館だって、観覧で収益を得るだけでなく、動物の生態を研究するのが本筋ですし。
獣人だって、もともとは神話や民間伝承で語られた異形の種族であって、決して童話だけのものではありません。

なので、人語を操る動物や獣人が登場する「鬼神童女遊侠伝」シリーズは、子供向けのみにくくれるような世界にするつもりはありません。
子供向けもやれるし、大人向けもやれるという、多様性のある作品にしていきたいです。

ただ、原点にあるものは、小さかった頃の経験や、好きだったものです。

なので、初心を忘れてはいけません。

 

お出かけしても史跡巡りや景勝地巡りが多く、長らく動物園に行っていなかったので、原点回帰のために動物を観察してきました。


入場門

コバトン

コバトンのモデルのシラコバト

シマウマ

キリン

キリン

ポニー

なんとかフクロウ(なぜかポニー舎につながれていた)

顔が隠れたポニー

顔が隠れたポニー

背を向けたポニー

こっちを向いてくれたポニー(ただし、正面からだと……)

寝ているコアラ

目覚めたコアラ

水を飲むアリクイ

振り向いたアリクイ

ナマケモノ(ただの肉塊ですな……)

イワワラビーとかいうやつ

尻を向けるカンガルー

寝っ転がるカンガルー

尻を向けるカンガルー

壁際に立つカンガルー

壁際に立つカンガルー

寝そべるカンガルー

カワセミの仲間

世界最大のネズミ・カピバラ

カピバラ

草をはむワラビー

子持ちワラビー(やたらとピンク色の動かない足がはみ出てます。生きてるのか?)

子持ちワラビー(中の足が動かない)

カピバラ

子持ちワラビー(やはり足が動かない)

恐竜公園(小さい頃、家族でお弁当食べたっけ)

恐竜公園

恐竜公園

恐竜公園

恐竜公園

恐竜公園

くちばしが面白い鳥(名前はわからない)

くちばしの下が面白い鳥(上のやつの仲間)

泳ぐペンギン

泳ぐペンギン

叫ぶペンギン

群れるペンギン

群れるペンギン

よくわからないウシ・シカ系のちっこいの

よくわからないウシ・シカ系のちっこいの

ペンギンコーナーの前に陣取る屋台(から揚げって、材料は……)

眠れるレッサーパンダ

ミーアキャット(荒野の仏教僧にしか見えない動物)
よくわからないちっこいの

ウシ

ウシ

ウシ

ウシ

コウノトリ

フラミンゴ

フラミンゴ

ツル

空を眺めるヤギ

三匹のヤギ

ヒツジたちの沈黙(こっちを向いてくれない)

白菜を食い散らすカメ

ケースの中のニシキヘビのようなもの

いやあ、動物って、見ていて飽きないですねえ。

写真を撮るからといってこちらの意図通りに動いてはくれませんが、その代わり、人間と違って理不尽な理由で文句をつけたりもしませんし。

民富田智明は、「鬼神童女遊侠伝」シリーズを通じて、動物キャラの魅力を伝えるために全力を注いでいこうと思います。

埼玉県立こども動物自然公園
http://www.parks.or.jp/sczoo/index.html

動物といえば、真っ先に思い出すのはイタリアのモンド映画「グレートハンティング」ですよね。
まだ見たことがないので、廉価版でDVDを買ってしまうのもいいかもしれませんね。