絶対に見るべき映画4「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」

どうも、同人結社創作信仰鬼姫狂総本部 代表の秋元惟史(作家名義・民富田智明)です。

 

絶対に見るべき映画シリーズの第4回は、「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」です。

 

地上最強の大学教授の活躍を描いた冒険映画「インディ・ジョーンズ」シリーズの3作目となります。

この映画は、イエス・キリストが最後の晩餐に使ったとされる聖杯を巡って、ナチスと争奪戦をします。

冒頭で、青年時代のインディがコロラドの十字架を巡って盗掘団と対決する場面が描かれ、インディが蛇嫌いになった理由、顎の傷跡の原因、愛用の鞭と帽子の入手先が説明されます。

さらに、今回はインディの父親ヘンリー(ショーン・コネリー)が登場し、ギャグキャラとして機能しています。

 

インディは、大学の講義後、研究室で多くの学生から質問攻めにあって滅入ってしまい、窓から抜け出します。

そこに待ち受けていたのは、博物館に多額の寄付をしているという篤志家ドノヴァンの使いでした。

インディは、ドノヴァンから聖杯調査中に協力者であるインディの父ヘンリーが消息を絶ったとの話を聞き、父の家に向かいます。

父の家は荒らされており、何かを探されている様子。

目的のものは、インディの研究室あてに郵送されてきていたヘンリーの「聖杯調査の手帳」でした。

インディは、父の手掛かりを求めて、ドノヴァンの手配により、ベニスにて聖杯調査に参加していたシュナイダー博士と出会います。

インディとシュナイダーは、元は教会だった図書館の地下のカタコンペにて聖杯のありかの手がかりをつかみますが、何者かに襲われます。

インディは、カタコンペから脱出し、船に飛び乗って刺客と水上戦を繰り広げた末に、その刺客が「聖杯を守護する者」であると知ります。

刺客は、助命と引き換えに、ヘンリーの軟禁されている城を伝えます。

インディが刺客に教えられた城に入り込むと、そこはナチスの秘密基地になっていました。

インディはヘンリーを解放しようとしますが、ナチスの将兵に見つかってしまい、さらに、シュナイダー博士とドノヴァンがナチスとグルであることを知ります。

インディとヘンリーは、まんまと手帳を奪われ、拘束されたまま置き去りにされ、処刑を待つだけの身となります。

二人はなんとか拘束を解いて脱出を図りますが、ナチスの兵隊がすぐに追ってきます。

こうして、インディとヘンリーの学者親子と、ナチスドイツとの戦争が始まったのです。

 

ここからは、押しまくります。

 

バイクチェイスあり、ヒトラーとの遭遇あり、飛行船からのナチス将官投げ落としあり、飛行機同士の空中戦あり、傘で海鳥を飛ばせて飛行機を撃墜したり、田舎のおっさんの車を盗んで走り去ったり、戦車の上で格闘してそのまま崖に落ちたり、見せ場の連続です。

 

そして、最後の聖杯にたどり着く前の試練の間にて、罠の回転のこぎりによる生首ごろりの残酷描写!

 

「悔い改めたものだけが通れる……悔い改めたものだけが通れる……悔い改めたものは、神の前に、ひざまずく!」

インディの前転からの罠解除の勇姿に感化され、体育のマット運動で真似した映画少年は私だけではないはず。

 

極めつけは、ドノヴァンが間違った聖杯を選んで、一瞬で朽ちて四散するグロシーンの迫力!

 

グロがないと「インディ」ではないです。

 

えぐさでは「魔宮」に軍配が上がりますが、水上戦と戦車戦と航空戦がある分、戦いのスケールは圧倒的に「聖戦」の方が上です。

「最後の聖戦」は、後に「プライベート・ライアン」を制作するユダヤ人のスピルバーグらしく、「ナチスは皆殺しだ!」という単純明快なメッセージが見るだけで伝わります。

 

「ナチスは大嫌いだ」というインディの台詞が、スピルバーグの一番言いたいことだったのではないでしょうか。

 

悪いドイツ軍がバカスカやられるのが見たいミリタリーマニアにはお勧めの一本です。

 

ちなみに、最後の聖杯があった遺跡のロケ地は、ヨルダンの世界遺産「ペトラ遺跡」です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%83%88%E3%83%A9

イスラム国との戦争で観光客が怖がって来なくなってしまったので、観光立国のヨルダンはISにブチ切れているとか。

一生に一度はペトラ遺跡に行くのが民富田智明の夢です。

エジプトのピラミッドも、いつかは!

【予告編】

【映像ソフト】

絶対に見るべき映画3 「鮮血の美学」

どうも、同人結社創作信仰鬼姫狂総本部 代表の秋元惟史(作家名義・民富田智明)です。

 

絶対に見るべき映画の第3回は、「鮮血の美学」です。

 

「インディ・ジョーンズ」が「聖櫃」「魔宮」ときたので、次は「最後の聖戦」と予想するところ、裏をかいてホラーです。

 

「鮮血の美学」は、ウェス・クレイヴンのデビュー作で、ホラー映画の金字塔です。

中学の時に本屋で買った「新映画宝庫 スプラッターカーニバル 悪夢映画流血編」でこの映画のことを知り、ずっと見たくて仕方がなかったところ、高校時代の2002年にDVDが販売されたので、即購入しました。

この時期、名作ホラー映画のDVD化が多く、真剣にホラー映画を見始めました。

 

この「鮮血の美学」の内容は、簡単に言えば、レイプリベンジです。

 

田舎の若い娘が友人に誘われて都会にやってきたところ、とある4人のグループと出会います。
そのグループは完全なゴミクズのDQNで、娘を森の中で凌辱した上で殺害し、沼に沈めます。

娘を殺害した森とは、実は娘の家のすぐ近所でした。

DQNたちは、何食わぬ顔で娘の家を訪ね、「道に迷った」だか適当な理由で宿を求めます。

娘の父は、最初こそDQNを客として扱いますが、DQNの一人が娘の所持品を持っていたことから疑念を抱きます。

娘の父は、このDQNたちが娘を殺したという事実を知り、復讐を決意します。

娘の両親は、DQNを罠にかけて闇討ちし、娘を殺した以上に残酷な方法で全員殺害します。

保安官が駆けつけて制止しようとしたときには、すでに父がDQNのリーダーをチェーンソーで血祭りにした後でした……。

 

この映画の見どころは、なんといっても、最後のチェーンソーによる殺害です。

映画史上、初めてチェーンソーによる殺害場面を描いた映画として、この映画はかなり重要な位置にあります。

テキサスの世界一チェーンソーが似合う男「レザーフェイス」よりも早く、普通の堅気であるおっさんが、娘の復讐のためにチェーンソーでDQNを血祭りにしたのです。

 

とはいえ、この映画は、かなり低予算の16mm映画であり、また、スプラッター映画ブームよりも前の70年代に公開されたので、チェーンソーによる直接的な惨殺描写はありません。

 

その安っぽさが、かえって全体の陰鬱とした印象につながり、何とも言えない後味の悪さを引き立てています。

 

「鬼神童女遊侠伝/生娘を狩る大狸」は、この「鮮血の美学」からかなりの影響を受けています。

ただ、「鬼神童女遊侠伝」シリーズは、純粋なホラーではなくアクションなので、妖賊が少年少女を襲う場面において、陰鬱で猟奇的な描写は意図的にうすめています。

けれども、本来は、徒党を組んだ無法者が寄ってたかって女子供に危害を加えるというのは、生半可な暴力ではないと思うのです。

世の中、目を覆いたくなるような悲惨な殺人事件って多いですからね。

 

その意味で、「鮮血の美学」は、「鬼神童女遊侠伝」の暗黒面として目指すべき境地であると思っています。

【予告編】

【映像ソフト】

絶版品です。購入はお早めに。

ハピネットピクチャーズ版

キングレコード版

絶対に見るべき映画2 「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」

どうも、同人結社創作信仰鬼姫狂総本部 代表の秋元惟史(作家名義・民富田智明)です。

 

「絶対に見るべき映画」シリーズの第2回は、「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」を紹介します。

第1回に引き続き、冒険映画「インディ・ジョーンズ」シリーズとなります。

この映画は、「インディ」の第2作目で、時系列的には第1作の「失われた聖櫃<アーク>」よりも過去となり、主な舞台はインドです。

 

この「魔宮の伝説」は、私の一番お気に入りのインディです。
つまり、人生で一番好きな映画です。

 

インディは、中国で、犯罪王ラオ・チェとの「清王朝初代皇帝ヌルハチの遺骨」を巡る裏取引がこじれて追われる身となります。

インディは追撃をかわしつつ、飛行機で脱出するも、その飛行機はラオ・チェの息がかかったものでした。

インディが疲れて寝ているうちに、飛行機の操縦士は飛行機の燃料を捨て、パラシュートで離脱してしまいます。

インディは、積んであったゴムボートのみを頼りに、一か八かで飛行機から脱出します。

山肌に着地して斜面を滑り落ち、崖に落ち、激流の川に落ち、流されます。

奇跡的に生き延びたインディは、ゴムボートに身を任せたまま、インドのとある田舎の村に流れ着きます。

その村は、パンコット宮殿を根城に邪神カーリーを崇拝する秘密結社「タギー教」の狂信者によって、村の宝の聖なる石「シヴァリンガ」を奪われ、強制労働のために子供が根こそぎ連れ去られていました。

村の長老に「シヴァが空から遣わした救世主」だと言われたインディは、シヴァリンガと子供たちを取り戻すべく、パンコット宮殿に向かうことを決意します。

 

そして、地上最強の大学教授インディが、行きずりで一緒になった歌手ウイリー、相棒の少年ショート・ラウンドをお供に、魔宮に巣食う邪教集団を壊滅させるのです。

 

この映画の魅力を一言でいえば、「徹底的に何かが狂っている」ということに尽きます。

 

パンコット宮殿での歓待で登場するびっくりゲテモノ料理の数々!

「カブトムシの姿蒸し」、丸焼きにした大蛇の腹の切れ込みから生きた小蛇がぬるりと這い出てくる「蛇のびっくり料理」、「何かの生き物の目玉のスープ」、「冷えた猿の脳みそ」……。

小学生の頃、テレビで世界のゲテモノ料理を紹介する特番をよくやっていましたが、「蛇のびっくり料理」など、もはや料理ですらないという。

アジアへの偏見の塊ですな。

 

隠し通路で遭遇する気味の悪い虫の大群!

足を動かすたびに虫が潰れる音が妙に生々しい!

 

極めつけは、邪教による生け贄の儀式!

今回の宿敵である司祭モラ・ラムが、謎の呪文と異能を駆使し、拘束された生け贄の心臓を生きたまま素手でえぐり取り、そのまま生け贄を地下の煮えたぎる溶岩に沈めます。

響き渡る悲鳴! 溶岩でジュワーっと溶ける生け贄! モラ・ラムの握る心臓がバクバクしながら煙を立てて発火!

なんというトラウマ級の残虐演出!

 

小さい頃に初めて「カーリーの儀式」を見た時、あまりに怖くて、自分が生け贄にされてしまう悪夢にうなされました。

何度も見ているうちに慣れてきたのか、「ガリーバー」と、心臓もぎ取りを笑ってネタにするくらいにはなりましたが、ルーカスとスピルバーグは気が狂ってるとしか思えません。

 

あまりにえぐすぎる内容なので、インド本国ではマハラジャなどのインド文化の誤解を招くということで撮影許可が下りず、スリランカで撮ったそうです。

 

カリの儀式後は怒涛のアクション編。

インディは、狂信者に捕まりリンチされた上で「カリの血」を飲まされ、悪に洗脳されてしまいます。
洗脳されたインディは、モラ・ラムの従者となり、ヒロインのウイリーをカリの儀式で溶岩に沈めようとしますが、乱入した相棒の少年ショーティに松明を突きつけられた衝撃で目を覚まします。

正義に目覚めたインディは、狂信者どもを次から次へとぶちのめし、髭面の筋肉男と格闘の末にローラー破砕機に引きずり込んで始末し、手かせ足かせをはめられて強制労働をさせられている子供たちを解放します。

インディは、トロッコに乗り込んで脱出を図りますが、敵もトロッコで追撃します。

モラ・ラムは、手下に水がめを破壊させ、水攻めを図ります。

ド迫力のトロッコチェイスの末に、背後から襲い来る大量の水!

必死に逃げたトンネルの先は、なんと断崖絶壁。(レールの先が崖って、欠陥工事でしょう……)

水の大噴射からなんとか逃れて崖をよじ登ると、そこには超高度の荒縄製の吊り橋! しかも谷底の川には大量のワニ!

吊り橋の両端からモラ・ラム一味に追い詰められたインディは、自ら吊り橋を切ります。

橋が崩れて崖っぷちに宙吊りの状態で、インディはモラ・ラムともつれ合いの格闘をし、突き落とします。

 

こうして、インディの活躍により邪教集団は壊滅し、子供たちは救われ、村に平和が戻ってきました。

インディは、名実ともに村の救世主となったのです。

 

あまりに思い入れのある映画なので、ほとんどネタバレに近いほどに詳細にレビューしてしまいました。

「魔宮」を知らない人、こんなレビューで見た気になって本編を見ないなんて人生の八割を損していますよ!

勧善懲悪物語の作り方を学ぶにはうってつけの教科書のような映画です。

 

前座であるラオ・チェの場面は除き、ひとつの村、ひとつの宮殿のみで完結するお話という点では、一番基本に忠実で、脚本の勉強になると思います。

【予告編】

【映像ソフト】

絶対に見るべき映画1「レイダース/失われた聖櫃<アーク>」

どうも、同人結社創作信仰鬼姫狂総本部 代表の秋元惟史(作家名義・民富田智明)です。

 

この度、「絶対に見るべき映画」シリーズと題して、私が今まで見てきた映画の中で特に強烈な影響を受けた作品を紹介することにしました。

超有名作品から無名作品まで、ネタが尽きない限りやっていこうと思います。

 

第1回は、「レイダース/失われた聖櫃<アーク>」です。

 

物心がつくかつかないかという時期に見た、私が映画少年になるきっかけとなった偉大な作品です。

 

この映画は、ジョージ・ルーカス制作、スティーブン・スピルバーグ監督、ハリソン・フォード主演の冒険活劇「インディ・ジョーンズ」シリーズの記念すべき第1作です。

考古学者にして冒険家のインディ・ジョーンズが世界各地を飛び回りながら、神秘の遺物を巡ってナチスドイツや秘密結社と戦うという、良くも悪くも考古学というものを誤解させてくれる素晴らしい作品です。

この「レイダース」は、ユダヤ教やキリスト教に由来する聖櫃(アーク)と呼ばれる箱を巡って、ナチスドイツと争奪戦をするお話です。

危機また危機の連続活劇の様式を忠実に再現しており、始めから終わりまで見せ場の連続で、まったく飽きることがありません。

 

この映画の最大の見どころは、地上最強の大学教授の破天荒な活躍にあります。

 

謎の遺跡で宝探しで罠にかかり、死者を出しながら大脱出&遺跡破壊→ヒロインの住むネパールでナチスが急襲、反撃で刺客を皆殺し→エジプトカイロでヒロインが誘拐され、アラブの剣士を無慈悲に一発で射殺→アークが安置されている地下遺跡にて蛇地獄→ドイツ軍基地で機銃掃射大殺戮&マッチョなハゲと格闘→馬に乗ってカーチェイス&飛び乗ってドイツ兵皆殺し→アークから精霊が出現して、インディとヒロイン以外を無差別に溶かし殺す→危なすぎるアークを倉庫に永久封印

 

この見せ場の連続の中で、インディがいかに地上最強の大学教授なのかが語られます。

ほんのりオカルト色の強い考古学談義と遺跡発掘で、インディが知的な研究者であることを説明しますが、あとはアクションシーンとグロシーンばかりとなります。

 

インディは、第一次大戦中にベルギー陸軍で従軍経験があったり、フランス情報局の工作員であったり(TVシリーズ「若き日の大冒険」)、第二次大戦中にCIAの前身となる戦略諜報局の工作員であったり、アメリカ陸軍で大佐の階級になっていたりする(映画「クリスタルスカルの王国」)のですが、大学教授なのに経歴が凄すぎます。

 

こんなに強い考古学者など、現実世界には一人もいないでしょう。

 

銃撃戦、格闘戦、爆発、残酷という、娯楽映画にとって不可欠なすべての要素がこの映画には詰め込まれています。

 

主演のハリソン・フォードは、「レイダース」と「スターウォーズ」で一躍スターに上りつめました。

そんなハリソン・フォードも、もう75歳で、ほとんどおじいちゃんです。

スターとしては過去の人になりつつあり、若い世代には「インディ」といっても通じないことが多く、「インディ」で少年期を過ごした私としては複雑な心境です。

 

私がアラブ・アジア寄りの歴史や宗教や言語に興味が強いのは、間違いなく「インディ」の影響です。

 

何歳になっても、インディは永遠の心の師匠なのです。

【予告編】

【映像ソフト】